異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~

作者 田口 仙年堂

すべてのライトノベル作家が読むべき作品である

  • ★★★ Excellent!!!

 私が感動したのは作品の切り口についてです。「この発想はなかった」と、思わず膝を打ちました(リアル)。
 【ライトノベルで描かれる世界は現実に存在し、作家たちは現地に行った実体験をもとに小説を書いている】。この斬新な発想を形にした時点で、本作は他のファンタジー小説から頭ひとつ飛び抜けたものになっていると思います。

 また、この物語の著者がのすごいところは、「真剣勝負」をしている点だと考えます。おもしろいと思ったものを、いちばんおもしろい形でぶつける。どうすれば自分の作品の魅力を最大限に引き出せるか、それを分かっている書き方です。もしこれを天然でなしとげているのであれば、感嘆の念を禁じえません。

 テンプレートに視点を向けながらも、テンプレートを揶揄することはない。メタネタを取り入れつつも、それを頼りにはしていない。この作品は、とてもバランスがとれた物語だと思います。ライトノベルへの愛を、ライトノベルだからこそできる形で表現しています。

 同じ場所に同じジャンルで投稿する私が推薦します。この作品は、すばらしい。すべてのライトノベル作家が読むべき作品であると。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

依虚ロゼさんの他のおすすめレビュー 63