異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~

作者 田口 仙年堂

992

378人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 ごく普通のラノベ作家が、取材の為に異世界に行くお話。

 ……この文章だけで面白そうだと感じてしまうほど、題材が秀逸だと感じました。最初からニヤついてしまうようなストーリー展開とキャラクターたち。取材のために勇者や魔王の部下に話を聞きに行ったり、ゲテモノを食べたり、魔法使いを捕まえたり。読んでいるうちにだんだん感覚が慣れてきて、いつのまにか突飛な取材方法でも、「ああ、取材のためなら仕方ないなぁ」と思えるように。
 しかし、終盤では同行者についての衝撃の事実が発覚したり、取材どころではなくなったりと、ハラハラドキドキの冒険譚となっており、ただ単に取材するだけではない話の面白さがありました。

 筆者の次なる異世界取材を、陰ながら応援しています。

★★★ Excellent!!!

――

めちゃくちゃ面白く読めました!
この作品の面白い点は、作中のKADOKAWAの存在だと思います。

作中、主人公は異世界を取材して超絶面白いライトノベルを執筆しようとします。
そして、KADOKAWAはライトノベル作家を異世界に飛ばし、面白いライトノベルを書かせるという何とも楽しいことをしています。

この作家と出版社の関係性の描写はとても楽しく、お気に入りです。
また、主人公の言い回しや行動からも、常識人であると感じられ、読んでいて気分が良かったです。


ここまで夢中になれた作品は久々でした。田口先生の他の作品も読んでみたいなぁ…。

★★★ Excellent!!!

――

 ライトノベルは実はノンフィクションの異世界ルポだったんだよ!!!! 

…………と、誰かが叫んでもおかしくない程に違和感なく現代とファンタジーを融合しており、読んでいて不思議な引力を感じる小説だと思いました。

 なによりも生々しい(?)のが作中の作家さんがたの強烈な主張で、出版社持ち込み派とウェブ小説派の対立など、デフォルメされた個性が極まってます。

 こんな風にものを書けたら、いやむしろ書かなければ、と思わずにはいられなくなる小説です!

★★★ Excellent!!!

――

プロ作家先生の作品だけあって、非常に洗練され、その内容も実に素晴らしいです! 凄く面白いです!!

また主人公の設定も、他に類を見ない非常に独特な立ち位置で、とても素晴らしい存在感を放っています。とても素敵です!!

何よりも、主人公であるプロのライトノベル作家の覚悟と姿勢は、素晴らしく尊敬出来ます。正に創作者の鑑といっていいでしょう。本当に最高です!

出色の異世界ファンタジーです。非常にお薦めです!!

★★★ Excellent!!!

――

ラノベを書く情熱を思い出させてくれました。

初めて読んだラノベが田口先生の『吉永さん家のガーゴイル』で、「こんな作品を書きたい」、「これよりもっと面白い作品を作りたい」と思い、1巻丸々写経のように書き写した頃を思い出しました。


いい歳になっちゃったけど、ラノベ書いてみるかなぁ……

★★★ Excellent!!!

――

異世界モノで今まであったテンプレを踏襲しつつ、それまでに無かった独自の視点や切り口があり、とても丁寧でした。

読みながら、昔流行ったテンプレや最近流行りのモノまで詰め込んでいるのにバランスが取れていて、プロとはこういうものなんだと感じました。

話の流れ方、キャラの作り方、物語のオチ、そういったところをこれをお手本にし、独自の設定を加えたら綺麗な作品になるかと思います。

なので、教科書みたいだなと。

長文失礼いたしました。

★★ Very Good!!

――

本当に面白い時って、そのままを書いちゃう野次馬が通ります。

プロの文章と、自分の文章のどこが違うんだろう?とか比較するのもおこがましいのですが、とにかく、面白いです。フォローして、少しずつ読みにきます。

アミューさんがハートを鷲掴み!

作者さん、いいなあ、異世界取材旅行。

いま続きを読みながら気づきました。アミューさんの話し方、誰かに似てる。。。と思ったら、”ギャラリーフェイク”の”サラ”!

デジャヴ!を、思い出せて、すっきりしました。

★★ Very Good!!

――

異世界に転移してラノベの取材をするという一見アイデア勝負に見えるが、この作品はその奇抜さをそれだけで終わらせていない。
異世界にも転移するし、バトルもあるし、無双……はしてないけどラノベへの情熱もある。
お約束を踏みつつどこかお約束じゃないような、そんな不思議な作品だった。

Good!

――

推理小説の作家が事件に首を突っ込んでいくパターンとか
このてのメタっぽい感じの話は昔はよくありましたねぇ

出だしの編集者との会話を見て、今野敏氏の「事件屋」を思い出しましたが
さすがにガーゴイルとかは出なくて

その後はファンタジーというか

ナロウ系ファンタジーのパロディで

「夢みるスーパーヒーロー」ならぬ「ラノベ作家はスーパーヒーロー」って感じで

ニヤリと笑わせてもらいました。

しかし
SF作家と違ってラノベ作家の無双は理屈がいらないんだなあ

★★ Very Good!!

――

この考え方はなかった。

ありそうで、本当に!

私たちは妄想をもとに書いているわけで、

と、言うことは当然取材もとい妄想なわけで。

うん、作家って大変ですよねw

★★★ Excellent!!!

――

ネット小説というものを現実世界でリアルに取材・研究して書かれていることが解る文体で、作品の題材と重なって、さすがプロ作家は違うと感じさせられました。
文章は物語を伝えるための道具にすぎず、臨機応変に使いわけできての本当のプロだと思いました。

Good!

――

著者の書籍は紙媒体と電子版を買うほどファンではあるが、カクヨムに投稿されたこの作品はどこまでシンプルにプロットのまま文章を削れるかの試験作に思える。他投稿サイトのようにテンプレが存在しないので読みづらくはあるし今後どういう展開になるのかなども分かりづらいし読んでいて少しモヤモヤする。説明足らずすぎるのだ。が、書籍レベルの地文や説明を気にしなけれが良い暇つぶしにはなると思う。

★★★ Excellent!!!

――

長文失礼します。
現在21話まで読んだ感想です。

独自の世界観を書き上げるために「作家」という職業を「ネタ」として使用した異色作。
読者が冒頭で飽きないよう、世界観などの説明を何かに例えることで極力省き、違いや魅力について文字量を割いている印象を受けました。

話が進むうちに強烈な世界観がじわじわと分かってきますが、主人公は一変して変わらないところが妙に安心する。(笑)。

ちなみに、著者はプロのライトノベル作家です。
私は当初、気付かずに読んでましたが、どこか惹き付けられるものがあり21話まで読み進めました。
そのあと調べて発覚、という形です。
話のテンポや分かりやすさ、キャラの印象付け、キャラの限定による会話やりとりの明確化……プロの作家とは凄いものですね。
色々失礼なレビューを書いてしまい申し訳ない限りです。
オススメのノベル、次の更新が楽しみな作品です。

Good!

――

発想が面白いです。
長くライトノベルを書いてきたからこその、この作品なのかと、読んでいてそう感じる。ラノベ作家なら一度は考えるような設定ではあるのだが、それをうまく表現するのは難しく、それを成功させているのだからこの作家は実力があると思う。
内容としてワールドウォーZの異世界版、みたいな感じだろうか?
連載なのでまだ星1つだが、最後まで読んでから詳しく評価したい。

★★★ Excellent!!!

――

 私が感動したのは作品の切り口についてです。「この発想はなかった」と、思わず膝を打ちました(リアル)。
 【ライトノベルで描かれる世界は現実に存在し、作家たちは現地に行った実体験をもとに小説を書いている】。この斬新な発想を形にした時点で、本作は他のファンタジー小説から頭ひとつ飛び抜けたものになっていると思います。

 また、この物語の著者がのすごいところは、「真剣勝負」をしている点だと考えます。おもしろいと思ったものを、いちばんおもしろい形でぶつける。どうすれば自分の作品の魅力を最大限に引き出せるか、それを分かっている書き方です。もしこれを天然でなしとげているのであれば、感嘆の念を禁じえません。

 テンプレートに視点を向けながらも、テンプレートを揶揄することはない。メタネタを取り入れつつも、それを頼りにはしていない。この作品は、とてもバランスがとれた物語だと思います。ライトノベルへの愛を、ライトノベルだからこそできる形で表現しています。

 同じ場所に同じジャンルで投稿する私が推薦します。この作品は、すばらしい。すべてのライトノベル作家が読むべき作品であると。

★★★ Excellent!!!

――

 最新話まで読んでみて一気に世界観に引き込まれました。いいですね実際に現地取材できる世界とかって。ライトノベルというかもはや武勇伝ですよねww

 話のテンポの良さだとか登場人物にもそれなりの魅力とかがある小説だなと私は思いました。この少し読者を置いていって暴走する感じの書き方が個人的に好きですね、これからの展開にも期待しています。

★★★ Excellent!!!

――

それぞれの素材は何一つとして新しいものはありません。

ただ一点、切り口の新しさにやられた、と唸ります。
その切り口の鮮やかさをさらに引き立てるのが、セリフ、一人称の地の文で繰り広げられるテンポのいい会話。
これはツッコミ役を読者に一任することで生み出されています。

是非ツッコミ役となって笑いながら読み進めていきたいと思えてしまいます。

★★★ Excellent!!!

――

まさかラノベ作家になるためには、武術、銃の扱い、魔法のスキルが必要になってくるなんて……。
「ただ文章が書ければラノベ作家じゃん」なんて思っていた自分が恥ずかしいです。
この作品、いや、ドキュメンタリーを読んで痛感しました。ラノベを作り上げるのに作家さんはここまで徹底した取材、執念を持っていたなんて!!(天を仰ぐ)

ラノベ作家志望の方は、ぜひこれを読んで学ぶべきだと思います!!

最終話、読まさせていただきました。
主人公のラノベにかける思い、熱かった!!
完結お疲れ様でした!!!

★★★ Excellent!!!

――

みなさんが書かれてるレビューを見て興味を持ち、読ませていただきました。
確かに『ズルいくらい面白い』! 第一話から「してやられた!」と思わず笑いました。
発想もさることながら、注目したいのは軽快なテンポ。さくさく読めて、ぽんぽん楽しめる。おかげで早く続きが読みたい、気になる一作です。

★★ Very Good!!

――

途中までなのでとりあえず★ふたつ。
作家として生き残るため、売れるものを書くために、ライバルである他の作家と差別化できるネタを取材し実体験する必要がある。なるほど、ハーレムラノベの著者はモテモテだし、ファンタジー作家は勇者無双の経験者なんですね。

★★★ Excellent!!!

――

5話まで読了。
現役ラノベ作家が描く、ラノベ作家が主人公の異世界転移もの……と言うとよくある感じもしますが。
あえて実録風に書く構成力や、クセになる文体、毎話に挟まるツッコミどころなど、一枚上手と言わざるをえません。
でも、確かにこれ、普通のラノベとしては出せないのかもですね……。
続き、本当に楽しみにしてます!!

★★★ Excellent!!!

――

異世界・チート・ハーレムなラノベは、「テンプレ」と揶揄されるほどあふれており、正直なところ食傷気味でした。しかし、そういうありふれ過ぎた素材でも、田口仙年堂先生の手にかかると、素晴らしいエンターテイメント作品に仕上がります。
続きが楽しみで、仕事が手につきません。

★★★ Excellent!!!

――

 KADOKAWAの編集者さんに勧められ、異世界に取材に行く主人公の話です。

 メタな話になりますが、現在のWEB業界でトレンドである『ハーレム』『無双』『ファンタジー』などの項目でラノベ作家が人気を得るには“取材による実体験”を文書化する必要があるということでしょうか。

 実績のあるプロ作家さんがお書きになってるので、さっくり要点を押さえたライトな語り口ですので読みやすいです。

 まだ序盤ですが、応援してます。