異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~

作者 田口 仙年堂

ライトノベル作家が超人

  • ★★★ Excellent!!!

めちゃくちゃ面白く読めました!
この作品の面白い点は、作中のKADOKAWAの存在だと思います。

作中、主人公は異世界を取材して超絶面白いライトノベルを執筆しようとします。
そして、KADOKAWAはライトノベル作家を異世界に飛ばし、面白いライトノベルを書かせるという何とも楽しいことをしています。

この作家と出版社の関係性の描写はとても楽しく、お気に入りです。
また、主人公の言い回しや行動からも、常識人であると感じられ、読んでいて気分が良かったです。


ここまで夢中になれた作品は久々でした。田口先生の他の作品も読んでみたいなぁ…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー