巫女レスラー

作者 陸 理明

191

72人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

タイトルは間違いなく出オチでありながら、この作品には極上のバトルとストーリーが詰めこまれています

札も呪文もない退魔行、さまざまな理由をもって人を害する今どきの妖怪たち、時事ネタを絡めたスタイリッシュな展開と構成――――

巫女レスラーには現代の日本人に必要なすべてが秘められているといっても過言ではない

一話もそれほど長くなく、飽きないように工夫された展開もキャラクターもテンプレではないので楽しめる

まさに古き良きライトノベルでありながら、斬新かつ新鮮である

★★★ Excellent!!!

――

まだ第一試合を観戦した所ですが、画期的な退魔方法です。

それは、巫女がプロレス技を駆使する力技。

リングが結界になり、一対一です。
タッグマッチとか、反則とか、ヒール巫女さんなども出るのでしょうか?

妖怪の両肩をマットに付けて「1 2 3!」フォール勝ちで滅殺。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

巫女と退魔、そしてレスラー。

本来交わる事ないはずだったそれは、この小説を読みすすめていく内に当たり前の事になっていくはずだ。


リングにゴング、フォールによる3カウント。リングアウトすら退魔に含まれる。
本来、それらの対比はシュールさを生み出すはずが、それを通り越して読み手に常識として刷り込んでいく。


さぁ、まだ読んでいないそこのあなた。

存分に染まるが良い。
すでに染まったものとして、新たな犠牲者を歓迎しよう。

★★★ Excellent!!!

――

「巫女がプロレスで妖怪退治」と書くと、とても奇天烈な小説のように思われます。それ自体は否定できません。

 ですがキモであるアクションシーンの描写は素晴らしく、引き込まれるものがあります。
 何よりも妖怪の一つ一つをきちんと調べ上げ、それに則した事件や行動をとっています。退治される妖怪一人一人を『単なるモンスター』として扱わず、相応の行動理念をもって戦わせているのは退魔物として素晴らしいことだと思います。

 戦いだけにとどまりません。登場人物もまた、個性あふれる巫女ファイターばかりです。
 人情あり、妖怪あり、恋愛あり、そしてプロレスありの作品となっています。
 カクヨム当初からの作品であるため文章量は多いですが、テンポのいい文章のため苦も無く読むことが出来ました。秋の夜長にどうでしょうか?

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ただの退魔物ではない、ラブコメもファンタジーもアクションも
この作品には全部詰まってる。

伝奇小説やジュヴナイルが好きな人にも、ラノベが大好きな人にも
お薦めです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました