巫女レスラー

作者 陸 理明

224

84人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

長文タイトルというものがある。
あらすじを題名で表記する方法論であり、あらすじを読むことさえ面倒な、時間泥棒に心臓と鼻毛をぶっこ抜かれた現代人の生態に合ったやり方だ。
しかしこの方法は読書感想文には向いているが、いかにも助長である。

ここで巫女レスラーだ。ヒロイン御子内或子は巫女にしてレスラーであることを説明している。
これに疑問を指し挟む余地があるだろうかいやない。

マッドマックスは誰が何をする話なの?とかミュータントニンジャタートルはなぜミュータントで忍者で亀なのか?などと質問する者がいないのと同じだ。
マッドマックスはマッドなマックスがMAD な真似をしでかす話だしミュータントニンジャタートルは亀がミュータントになってニンジャになったのである。そういうものだ。

魑魅魍魎はびこる暗黒の世界であれど、プロレスと巫女有る限り、正義は必ず最後に絶対確実間違いなく確かに勝つ。この5文字のタイトルはそゆことを教えてくれるのである。
読もう。

★★★ Excellent!!!

巫女でリングシューズを履いている「御子内さん」が設営したロープのテンションをチェックしつつ、今日の敵役妖怪がやってくる。
「僕」がゴングを鳴らすと、妖怪退治が始まるのです。

それでいて御子内さんは、これは妖怪退治だからプロレスだとは認めない、と言う---
ツッコミどころも多く楽しめる物語です!

また、特筆すべきはその話数。
『更新された小説』の通知に毎日、この作品が名を連ねていた時期があり、その継続力には脱帽です。

継続は力なり、という言葉があります。
継続は力なのなら、ならば、この作品には確かな力があるのです。

★★★ Excellent!!!

タイトルは間違いなく出オチでありながら、この作品には極上のバトルとストーリーが詰めこまれています

札も呪文もない退魔行、さまざまな理由をもって人を害する今どきの妖怪たち、時事ネタを絡めたスタイリッシュな展開と構成――――

巫女レスラーには現代の日本人に必要なすべてが秘められているといっても過言ではない

一話もそれほど長くなく、飽きないように工夫された展開もキャラクターもテンプレではないので楽しめる

まさに古き良きライトノベルでありながら、斬新かつ新鮮である

★★★ Excellent!!!

巫女と退魔、そしてレスラー。

本来交わる事ないはずだったそれは、この小説を読みすすめていく内に当たり前の事になっていくはずだ。


リングにゴング、フォールによる3カウント。リングアウトすら退魔に含まれる。
本来、それらの対比はシュールさを生み出すはずが、それを通り越して読み手に常識として刷り込んでいく。


さぁ、まだ読んでいないそこのあなた。

存分に染まるが良い。
すでに染まったものとして、新たな犠牲者を歓迎しよう。

★★★ Excellent!!!

「巫女がプロレスで妖怪退治」と書くと、とても奇天烈な小説のように思われます。それ自体は否定できません。

 ですがキモであるアクションシーンの描写は素晴らしく、引き込まれるものがあります。
 何よりも妖怪の一つ一つをきちんと調べ上げ、それに則した事件や行動をとっています。退治される妖怪一人一人を『単なるモンスター』として扱わず、相応の行動理念をもって戦わせているのは退魔物として素晴らしいことだと思います。

 戦いだけにとどまりません。登場人物もまた、個性あふれる巫女ファイターばかりです。
 人情あり、妖怪あり、恋愛あり、そしてプロレスありの作品となっています。
 カクヨム当初からの作品であるため文章量は多いですが、テンポのいい文章のため苦も無く読むことが出来ました。秋の夜長にどうでしょうか?

★★★ Excellent!!!

なろうでの連載からずっと追っていたユニコーン先生の新作!
しばらくはなろうのホラーばかりを見ていたのですけど、気がついたら巫女レスもこんなに増えていてびっくり!
相変わらず戦う女の子たちが漢らしくて格好よく、それを支える男の子の健気さがいい。

これからも連載続けて下さい!
応援してます!

★★ Very Good!!

んなアホな、と思いつつも先が気になって読んでしまいました。ツッコミどころは満載ですが、それも味の内でしょう。もう少し細部や展開にリアリティを足していけば、面白い作品になると思います。一つの章が短すぎるような気がしましたが、ネットだとこのほうがサクサク読めてテンポは出ます。難しいとこですね。あと、コミックの原作として良いのでは、とか思いました。

★★★ Excellent!!!

 前から気になっていた作品、休日になりようやく読むことができました。ヒロインの御子内或子は妖怪を退治する退魔巫女ですが、なぜかそのやり方がレスリングという異色の設定。
 主人公は彼女に妹を助けられてからというもの、彼女と妖怪が戦うためのリングをひたすら作り続ける助手になります。
 とてもテンポがよく、何よりクライマックスが近づくにつれて腹筋がやばくなる作品です。妖怪を退治するという凄くシリアスな場面なのに、リングにあがる巫女と妖怪たちの姿を想像すると笑いが止まらなくなるという不思議な話。
 何より、正々堂々リングに上がってヒロインと戦いを繰り広げる妖怪たちに男気を感じてしまうのは私だけでしょうか。なんでリングにあがるんだよお前たちとツッコミを入れたくなりますが……。
 心配があるとすれば、まだ作品の文字数が規定の10万文字までいっていないところです。これは是非とも10文字まで書いて欲しい。

★★★ Excellent!!!

 今宵のバトルは、怪異と巫女のデスマッチ。

 ポールの護符とロープの結界に守護されし運命のリングで、真剣退魔一本勝負の開幕です。

 科学で解明できない存在に立ち向かうのは、目にも鮮やかな緋袴で颯爽とリングのロープをくぐる巫女さん。
 徒手空拳にてデスマッチに挑む風情からは、竹箒なんていらねぇという気概が漂っております。

 はたしてパイルドライバーは退魔に入るのでしょうか?

 悪霊退散のゴングが、いまリングに鳴り響きます!

★★ Very Good!!

 護摩を焚き、真言を唱えるなどもう古い。
 法具や刀、呪符など無用の長物。持ち込んだら反則になってしまうかもしれない。
 必要なのは四角いジャングルと倒すべき怪異のみ。あと結界という名のリングを設営する人手も。
 あとは不要。己の肉体こそが唯一にして最強の武器。
 それが今時の巫女さんが行う退魔術!
 プロレスではない! 誰がなんと言おうと、魑魅魍魎を打ち払う退魔の技だ!

Good!

巫女とレスラー、そんなシンプルな長所を持つ、たいへん読みやすい作品。

主人公も「妹思いのいいお兄さん」という感じで、なかなかに共感しやすい。
ストーリーラインも簡潔で、スッと理解することができる。

だがまあ、細かいことはさておき、ボクっ娘ブーツ巫女レスラーの御子内或子(みこないあるこ)さんのキャラはすごくいいと思うので、俺は連載の続きも期待するから、レビューを見た人も、まずは読んでみるのがいいぞ!!
読まなきゃ必殺、延髄切りだ!