いつもご愛読ありがとうございます!
脳味噌空っぽにして性癖を書き連ねている超長編ファンタジー『蒼き太陽の詩』、とてもきりのいいところに来たので記念に近況ノートを更新します。
このお話、160話を超えても終わりが見えないので、どこまでいくんだ?とご心配される方もいらっしゃるかもしれないと思います。
今後の目安について書き残しておきます。

この物語は「アルヤ王となったソウェイルがサータム帝国と平等な和平条約を結んで大陸に平和をもたらす」がゴールの話です。
ネタバレのような気もしますが、ゴール地点は見えていた方がいい、が私の創作のモットーなので書いておきます。
ソウェイルが! 王になり! 帝国と対等な立場で同盟を結びます!!
それがソウェイル35歳の話です。
この話……ソウェイルが6歳から始まって……35歳まであるんです……。
でもさすがに全部書くわけではありません、第一部から第二部まで一気に5年の歳月が過ぎたように特筆する出来事がない時期は飛ばします。

序章:6歳 3話 約1万字
第一部:9~10歳 1~6章 約35万字
第二部:14~16歳 7章~12章 約30~40万字(予定)
第三部:18~19歳 13章~15章 約15~20万字(予定)
第四部:24~25歳 16章~18章 約15~20万字(予定)
第五部:34~35歳 19章~未定(もしかしたらまるまる全部19章で100話近く書くかもしれない) 25万~35万字(予定)
終章:35歳 1話 約3000字(予定)

こんな感じです。

つまり、第二部が終わってソウェイルが王になれば物語は半分終わりです。

その第二部が9章、半分まで終わりました。
また第一部の6章みたいに12章が30話近くまで膨れ上がると思いますが、とりあえず私の中では半分終わった気持ちです。

この物語は「紅蓮の女獅子と蒼き太陽」から始まって「紅蓮の女獅子と蒼き太陽」で終わります。
最後のワンシーンは満面の笑みのソウェイルが胸を張ってユングヴィに「俺、立派な王様になれたよな?」と問い掛けるシーンと決めています。
そこに辿り着くまであと3~4年かなあ、頑張って書きます。



というのとはまったく別にカクヨムコンの話を書いていきます。
さすがに両立はなかなかキツいですね……。もしかしたらまた週1更新に戻るかもしれませんが勘弁してください……。

8件のコメント

  • 長期プランですね。こんなに長い話を、よく勢いを落とさず面白いままにかけるなと、脱帽です。
    設営に興味津々のへいた氏がとてもかわいくて、彼はSHASHAさんを大好きなのだなーと、お写真を見ていつも思います。
    カクヨムコンも挑戦されるのですね。新作、楽しみにしています!

  • >オレンジ11様
    おはようございます~!
    とっても長いです……まだ半分終わってなかったんですね、つらい! けど好きで書いているのでこのつらさとも向き合えます。面白さを維持していけるように頑張ります!
    ツイッターが見られている……(笑) へいたは本当に、隙を見つけてはべたべたしてくるので、困ったものです……。
    カクヨムコンはまだ一文字も書けていないのですが、始まったら応援してくださると嬉しいです!
    コメントありがとうございます~!!

  • 日付が変わってしまった……!

    お誕生日、おめでとうございます!!

    へいたさん、もう大きいのに、猫にしては珍しいですよね? かわいいなあ、いいなあと思います。

  • >オレンジ11様
    おはようございます~!!
    誕生日、気づいてくださったんですね! とっても嬉しいです、ありがとうございます!
    へいた、もう7歳の猫なんですけどね……5キロもある! でもいつまでも甘えん坊の赤ちゃん猫のつもりなんです、たぶん……。

  • 高校生へのメッセージ、素敵ですね。高校生じゃないのに最後まで読んで感動してしまった。私も読んでみたいと思います。
    ところでへいた氏、5キロ! 大きいですもんね。手足が大きいのがほんとかわいくて、ぎゅっと握りたいです。尻尾もご立派。あの愛らしさで7歳はすごい。返信ご不要です。

  • >オレンジ11様
    私にとっては高校時代が人生で一番楽しかった時なんですよ。でもそれって周りの友達や先輩後輩や先生たちおとなのおかげだったと思うんですよね~。だから私も今の高校生を応援する側に回りたいと思うのです。
    まして執筆って基本的には一人作業なので、書いている最中は孤独かもしれないんですけど、書き終わったらいいことがある!という成功体験を積み重ねてほしいんですよね~! そしたら10年後20年後も書き続けてくれるかもしれない。
    ところで私はどうしても十代の子を前にするとお母さんの気持ちになってしまうのですが、本物の私は高校生の時に産んでいない限りまだ高校生の子供がいる年齢ではないんですよね……(笑) でもお母さんの気持ちになる……お母さん見守ってるからね……
    コメントありがとうございます!!

  • まさかと思ってきたら返信が…! すみませんー。アフサリーは薄情な男。薄情ってなんだかいい…。それもまた楽しみです。みんなちゃんと個性があって、昨日はバハルさんのことも懐かしく思い出しました。彼の最後も名場面でした。エル様の切なさとか悔しさっていうんですか、それがぐっときます。

    素敵な高校時代を過ごされたのですね。羨ましい。書くのは孤独。まさにそうです。私も近況ノートに怪しい者ではない旨書いて、応援します! 

    >本物の私は高校生の時に産んでいない限りまだ高校生の子供がいる年齢ではない

    笑。近況ノートにいらっしゃった高校生さんたちは、まさに自分のお母さん的なSHASHAさんを連想してしまうのでは。

  • >オレンジ11様
    せっかくコメントいただいたんだから返したいじゃないですか……!

    アフサリーは本当にだめな奴なんです(笑)
    彼が出てこないのは北部にいるからなんですが、王都にいても出番があったかどうかは疑問です。
    バハルのシーンはね……エル頑張りましたよね……エル、第二部でかなりおかしな方向に進化を遂げてますけど……

    応援するって、なんだかんだ言って★のばらまきにもつながっちゃいますからね、その辺微妙なさじ加減が必要だなあと思います。あんまり褒められたものではないのかも……無差別に★をつけているわけでもないのですが……。
    お母さんに褒められたら嬉しいはずだと信じます(笑)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン