こちらは、自主企画のために用意したページです。

【推理小説マニア集合!】あなたの思う『本格推理小説』を教えてください【本格推理小説 vs なんちゃってミステリ】
https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054893749139

 あなたの思う『本格推理小説』って、どのような作品ですか?
 実際の投稿作品の中から、両極端な二つ「これが本格推理小説だ!」「これは本格推理小説とは呼べない!」を読み比べさせていただこう、という企画です。

 必ず一人二作品で参加してください!
 一作品だけでも三作品以上でも駄目です!

 こちらのページのコメント欄に、それぞれの作品について【本格推理小説 or なんちゃってミステリ】【作品名】【作品URL】を書き込んでから、参加してください。
 また、作品で示すのとは別に、よろしければ「本格推理小説とは、かくあるべき」というあなたの考えも御記入ください(これは必須ではありません)。

 例として、私の作品の場合をコメント欄に書き込んでおきます。

5件のコメント

  •  以下の2作品で参加します。


    【本格推理小説】
    『緋蒼村連続殺人 ――転生したら殺人事件の真っ只中――』
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054889356374

    【なんちゃってミステリ】
    『ころしや探偵の事件簿「記録に残されたアリバイ」――転生先は探偵助手――』
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054889174898


     きちんと手がかりが示されているものが本格推理小説だと思っています。「その人が犯人だと考えれば辻褄が合う」だけでなく「その人以外が犯人とは考えられない」という必要十分条件的なレベルで、手がかりは書かれているべきだと考えています。
     どこまで実践できているかわかりませんが、どうぞ2作品を読み比べてください。

  • はじめまして。ミステリー好きとして興味ある企画だったので、参加させていただきます。

    【本格推理小説】
    『真実の境界線』
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054891239021

    【なんちゃってミステリ】
    『🈟おじタン、ほぼムス。』
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054890379669


    「読者への挑戦」が出来るほど、フェアな状態で謎解きが示されるのが本格推理小説だと思っています。その点では、参加作である『真実の境界線』はアンフェアな面があるので、本格と名乗ることはおこがましいかもしれません。
    また、本格の魅力として「探偵が探偵であること」も挙げられます。単なる解説者にならず、ストーリーとして魅力あるものが理想です。

    『真実の境界線』では、ミステリーをあまり読まないという方にミステリーの魅力を知ってもらいたい、その思いで書いた作品です。
    上記の条件のうち後者に重きを置き、あえて短編でまとめることで「読みやすさ」を意識しました。

  • 白衣 雲と申します。
    企画のほうに参加させてもらいました。

    【本格推理小説】
    『満点を取れた理由』
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054893752302

    【なんちゃってミステリー】
    『素顔探偵 プロトタイプ』
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054889980369

    えと、リンク? をスマホから張りつけた
    のでパソコンだと読み取れないかもしれ
    ません(デジタル音痴なので、そういうのは
    詳しくないです。ごめんなさい)。



    『本格推理小説とは、かくあるべき』

    『謎を解くこと自体が、メインとなって
    いるか?』かと、思いますね。あんまり
    意識したことがないので。
    それと『屁理屈がなくて、きちんと理論的
    に解決できるか?』ですかね。

    【なんちゃってミステリー】の『素顔探偵
     プロトタイプ』はオチの部分が、謎を
    解くことと関係がないと思う(主観ですね)
    ので【なんちゃってミステリー】のほうに
    しました。

    よろしくお願いします。
    それでは、失礼しました。

  • 近すぎた男:なんちゃって
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054887447013
    強請り屋 静寂のイカロス:本格
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054889130572

    柚緒駆と申します。
    どうぞよろしくお願い致します。

    「本格推理小説とはかくあるべき」というのは、
    実のところよくわかりません。
    正しい推理小説の書き方がわからないまま書いております。
    ただ種を撒いて、芽をちゃんと伸ばしてから花を咲かせる、
    そういう意味では他の物語と変わらないと思っています。
    あと強いて言えば、後出しじゃんけんをしない事でしょうか。

  • 【本格推理】『彼には不釣り合いな冒険』
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054882220330

    【なんちゃって】『いわゆる「同じ顔」事件:羽二重四季緒の訂正推理』
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054890026876

    本格推理小説とは、主として殺人事件を扱い、その中に存在する謎を論理的に解明するものを指すと考えています。
    日常の謎が、だから本格推理ではないというわけではありませんが、『「同じ顔」事件』はある種のメタミステリなので、本格とは言い難いでしょう。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン