『カクヨムを使い始めて思うこと ――カクヨム初心者の視点から――』
「カクヨムコンのおかげで知ることが出来た、一週間という期限」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889095417/episodes/1177354054892755245

 またエッセイを更新しました。
 本当は、そんな予定ではなかったのですけどね。でも朝カクヨムのトップページを見たら「あっ」と思ったので。もちろん、あえて私がエッセイにせずとも、皆様が話題にしていますし、何だか真似ているようで、その意味では躊躇したのですが……。
 一応、以前に書いた話とも関連しているので、そこを起点としてエッセイにしました。最後にはカクヨムコンの話で締めくくっているので、記事タイトルにした『応募総数の逆転現象』が何のことか、気になる人はエッセイを読んでみてください!

 さて。
 これでは「また今日も小説を書かなかった! 小説以外を書いてしまった!」という感じ。それはそれで悔しいですし、せっかく昨日、頭を『緋蒼村』モードにしたのが無駄になってしまう。
 だから、ほんの形ばかりですが、とりあえず『緋蒼村』続編、書き始めました。本当に『とりあえず』というレベルの少しなので、「今月中に書き上げて、来月最初の十日くらいかけて推敲して、残り二十日で投稿すれば間に合う」となるのかどうか、とても心配です。