『カクヨムを使い始めて思うこと ――カクヨム初心者の視点から――』
「カクヨムコン開始前後で投稿ペースはどれくらい変わるのか ――「そもそも1日に投稿される作品数ってどれくらい?」その4――」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889095417/episodes/1177354054892859079

 またエッセイを更新しました。
 エッセイ本文の中でも書きましたが、本当は、あと一週間くらいしてから書くつもりだった内容です。あと、この近況ノートの記事タイトルが、思いっきりネタバレです。小説ではなくエッセイだからネタバレしても構わないかなあ、と思って。

 さて。
 前回(金曜日)の近況ノートで「とりあえず書き始めました」と言っていた『緋蒼村』続編、『邪神城連続殺人 ――赤いチャイナドレスの妖魔――』。
 そもそも「これならば、手っ取り早く長編一本書けるだろう」なんて考えたのは、雛形に出来る古いファイルがPCの中にあったからです。そのプロットに従えば、全17パート。
 そして初日の金曜日は、第1パートをわずか数百文字だけ。だから本格的に書き始めたのは土曜日だったわけですが……。
 そこで、ようやく気づきました。PCの都合上、閲覧できる『古いファイル』はPDF形式のみ。ワープロファイルではないので、文字数とか見てなかったのですよ。そこで『ようやく気づいた』のは、どうやらファイル通りに書いたら10万文字に達しないらしい、ということ。6万字か7万字くらい、ひょっとしたら5万字くらいで終わってしまいそう。
 まあ、その場合はカクヨムコン関係なしに書き上げて、のんびりとカクヨムコン終わってから投稿開始しようかな……。そう思いつつも「一話あたりが長すぎるのも嫌だが、内容的に『ここまでは一区切り』となっているから、これ以上は区切れない。各話6,000文字にすれば、17x6,000文字=102,000、ちょうど10万字になる!」という計算も立てて。
 第1パートを書き上げたのが、この土曜日。約6,600文字になりました。おお、ほぼ計算通り!
 続いて、昨日の日曜日。あまり進みませんでしたが、それでも第2パートを約2,200文字、書きました。その分、月曜日にたくさん書こう。そう思って、昨日は寝たのですが……。
 実は、一つ心配事がありました。どう考えても序盤で、用意していたプロットに書き加えるべき内容があるのですね。あまりに心配だったようで「どこに入れよう? どこに入れても、そのエピソードだけ変に長くなりそうで……」と悩む、という夢を見るくらいでした。まあ夢なので荒唐無稽な部分はあり、なぜか夢の中で私は有名人相手に相談していたのですが、まあ、それは余談として。
 結局、起きてから考えたこと。第2パートに挟み込むことにしました。そうすると、やはり第2パートが異常に長くなってしまう。明らかに6,000文字を大幅にオーバーしそう。
 そこで第2パートに関しては「内容的に『ここまでは一区切り』となっているから、これ以上は区切れない」を忘れて、二つに割ることにしました。第1パートをプロローグ、第2パート前半を第一章、第2パート後半を第二章とする形です。
 一応、その形での『第一章』は、書いてみたら約3,700文字になりました。プロローグと比較すると極端に短いですが、まあ仕方がない。現在『第二章』を執筆中ですが、なんとか今日中に終わらせたいものです。それでも「第2パートを書くのに二日かかった」ということになってしまうので……。これでは各パート二日ずつ、全部で34日も費やすことになってしまいます。「今月中に最後まで書き上げて、来月は推敲と投稿」という予定が、早くも崩れ去った感じです……。