『「冒険者って何ですか?」――元ウイルス研究者の異世界冒険記――』
https://kakuyomu.jp/works/1177354054890000801

 日曜日なので『ウイ何』続編を投稿。投稿があったので、近況ノートで報告です。数日ぶりの近況ノートです。

 前回の記事タイトルと似ていますが、二重の意味で別物です。
 まず第一に、前回は「投稿した文字数」の話でしたが、今回は投稿前の「執筆した文字数」。
 第二に、前回は、7月1日に書き始めた(投稿も始めた)『いせさい』の話でしたが、今回は別作品の話です。
 前回7/9の近況ノートの後、この五日間で『いせさい』は、第五話を約1,000文字書き進めただけ。7/9に書き始めた長編の続きを、ひたすら進めていました。第一話の途中から第六話の途中まで約23,000文字、進みました。
 考えてみたらこれ『オーバー30歳主人公コンテスト』に出すつもりならば、期限までに書き上げるのではなく、期限までに投稿を終わらせないといけないのですよね。
 9/2までということは、実質、八月いっぱい。例えば全30話を毎日一話ずつ投稿するとしたら、八月に入ると同時に投稿開始しないといけない! つまり七月中に書き上げないといけない!
 ……どう考えても無理ですね。こんなことなら、最初に構想し始めた一ヶ月前に、ちゃんと書き始めるべきでした。
 まあ、今からでも強引に間に合わせるためには。「全30話を毎日一話ずつ投稿」ではなく「全30話を毎日二話ずつ投稿」あるいは「全30話を毎日三話ずつ投稿」にすれば良いのですよね。それならば8/15あるいは8/20までは執筆期間が取れますから。
 ただし、現段階では「全30話」という想定自体が適当であり、こうした目算は所詮「取らぬ狸の皮算用」に過ぎません。
 そもそも「10万文字以上16万字以下に収まるのか」という方も心配です。
 今回、こじんまりした話にするつもりで書き始めたのに、早速「第一話として書く予定だったこと」が、第一話と第二話にまたがってしまい……。少し構成を変えた影響もあって、第五話まで書き終えても、まだ「7/9に第二話として想定していた内容」に到達していません。最初の「こじんまりした話にするつもり」がある以上、これでもオーバーしないだろうとタカをくくっているのですが……。果たして、どうなることやら。

 こんな状態なので、前回の「第一話だけなら先行投稿しても構わないかな?」も「第一話・第二話だけなら先行投稿しても構わないかな?」に変更です。明日か明後日くらいから、まずは二日間かけて、第一話・第二話を投稿しようと考えています。

2件のコメント

  • 烏川 ハルさま

    応援のコメントありがとうございます。分野は違えど励みになります。「猫の幼女とプラネタリウム」も、前に進む糧になりました。

    卒論の文字数は二万字以上なので、ぺらぺらのレポート数枚が羨ましいです。しかし文系の場合、テクストと先行研究の引用で文字数を多く費やしてしまうので仕方のないことかもしれませんね。

    理系の博士論文のお話が聞けて嬉しかったです。

  •  羽間慧様、わざわざこちらにありがとうございます。
     なるほど、理系の研究データが文系では「テクスト」になるわけですね。「先行研究の引用」自体は理系の論文でもありますが、その引用範囲の大きさが異なるのだろう、と想像します(理系だと序論や考察の一部にすぎませんが、文系では、かなりデータに近い形になるのかな、と)。
     他の分野の話、私も興味深いです。それこそ、創作物(小説)の参考にもなりますから。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン