この度の大阪地震について、応援コメントを沢山の方から頂きました。カクヨムで皆さんに出逢えたことで、こんなにも励まされるとは思いもせず……感慨無量という言葉は、こういうことか、と感じ入りました。本当にありがとうございます。


高槻を襲った『震度6』は、神戸を破壊し尽くしたと同じ震度です。神戸が燃えている……あの日、テレビで見た映像が、一瞬、脳裏を過ぎりました。「故郷がなくなったら、どないしたらええの!?」と、真剣に思いました。

幸いなことに(と言えば語弊がありますが)、二つの悲劇的な震災の教訓が、大阪府下でしっかりと生かされていたようです。家屋の倒壊や破損、水道管の破裂、ガスの供給の停止、道路の陥没など、震災被害が避けられない地域もありましたが、姉曰く「本震の翌日には、給水車が来た。自衛隊も来た。今現在、全国の水道局関係者とガス会社が大阪に集結してる」とのことです。

自分が被災したわけでもないくせに、この一週間、頭がもやもやとした状態で……地震についてのエッセイを書き終えて以降、PCの前にはりついて地震のニュースをググり続けておりました。

アメリカでは、今回の大阪地震についての報道はほんの一瞬で終わりました。「失われた命が少なかったのだから、被害も少ないだろう」と切り捨てられた感が半端なくて。あれだけの震度の中、多くの命が守られたことは今後のためにもニュースとして取り上げるべきなのに。

連載中のハイファンタジーも更新が止まったままなのが気にかかりながらも、頭の中のもやもやが邪魔をして創作に集中することが出来ませんでした。ぼーっとしていると変なことばかり考えるので、友人と会ったり、皆様の作品をここぞとばかりに読ませて頂いたり……そうすることで、一週間を乗り切ることが出来ました。

私も、私の家族も元気です。愛する高槻市はまだ「元気」と言える状態ではありませんが、少しずつ、復旧は進んでいます。震災対策をしっかりと行なっていた鉄道各社の努力が実り、生活の導線である交通網の復旧も驚くほど迅速でした。

事が起これば「なめたらあかんで〜」と火事場の馬鹿力を発揮するのが大阪人です。何があってもへこたれません。それが大阪人の強みです。だから、私の大好きな大阪は、絶対に大丈夫です。

心からの応援を下さった皆様に感謝しつつ。さて、私も今日から通常運転に戻るぞーっ!

3件のコメント

  • 由海さん、こんにちは。
     お姉さんのところの猫さんは元気にしているでしょうか。
     ニュースでの扱いが小さくなったからといって元に戻ったわけではないのだと、災害に遭った方のお話としてどこかに載っていたのを読んだことがあります。私は幸運にもこういった災害に遭ったことがないので、どのようにお見舞い申し上げたらよいのか分からないのですが、由海さんの通常運転宣言、嬉しいです。
     被害に合われた皆様と、そのご家族、お知り合いの方々が、少しでも通常運転に近づけますように。

     さて。と、いきなり切り出して申し訳ないのですが。
     拙作『デヴァイン・シンフォニア』のレビュー、更新してくださいましたよね!?
     お気遣いどうもありがとうございます!
     初めにレビューを頂いてから、もう二年も経っているんですね。日付を見て、びっくりです。(作中では、ほとんど時間が進んでない(汗))
     由海さんには本当に長く長くお世話になっております。改めてお礼申し上げます。
     本当にどうもありがとうございました。

     レビューの更新、気づいてよかったです。由海さんも、水臭いです。こっそり更新しておくだなんて。
     レビュー通りのロマンチックな話になっているかしら……どきどき。ちょっと心配?

  • 静流さん、

    姉夫婦、巨大なメインクーンを4匹飼っているんですが、そのうちの一匹が17歳という高齢猫。彼は地震があった時も全く動じず……姉曰く「もうおじいちゃんだから、地震で揺れてても眠りが深くて感じなかったんじゃないかなあ」とのこと。若い猫3匹のうち、2匹はベッド下にもぐりこんだまま怯えてしばらく出て来ず、残りの1匹は一日中どこかにかくれたまま見つからなかったそうです。猫って本気で隠れちゃうと見つからないですもんね。うちのシュリもたま~に家の中で行方不明になります。


    あ、レビュー更新したの、気づかれちゃった……
    眞実さんの「翡翠」のレビューを書く際、以前に書いたレビューと同じような内容になってないかなぁ、と思って自分が描いたレビューを読み直していたら、「デヴァイン……」のレビューが「まだお話が始まったばかり」のような内容だったので、「あ、マズイ……」と思ったんです。なので、ちょこっと修正させて頂きました。新着レビューに載るわけでもないので、わざわざお伝えすることでもないかな~と思ったんです。

    しかし、もう2年も経ったんですね。2年も書き続けるのって、大変だと思います。「最果て」は1年半の連載でしたが、最終章に近づくにつれて初めの方の内容を忘れていたり、文章の書き方が微妙に変わっていたりしたので……

    「デヴァイン……」は十分ロマンティックなお話しだと思います。初々しい主人公2人の恋がこのまま叶ってくれると良いな~と応援してます。


  • 由海さん
     お姉さんのところの猫さんたち、良かったです! 教えてくださり、ありがとうございます。
     エッセイを読んだあとから気になって仕方がなかったんです。説明しても分かってもらえないだろうし、どうしただろう、って。
     メインクーン4匹とは驚きました。しかも、1匹は17歳のおじいちゃん!
     しばらくは落ち着かないとは思いますが、ずっともぐりっぱなしではないようで良かったです。ほっとしました。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン