腐女子先輩は言いました。「要は鉛筆と消しゴムがあればいいから」……えっ?BLって何なの⁉
道具の役割から物語を生み出し、物質と生命の境界をも超えた絆を想像して楽しめるなんて、なんという能力でしょう。腐女子先輩の果てしない想像力からBL世界への興味が湧きあがりました。同じ目標に向かいながら部活で深めた絆、似た境遇に身をおくことで得た精神的な繋がり……。幅広い世界観があるので“BLジャンル”として十把一絡げにしてはいけないと言われるかもしれません。が、ここはあえてBLと言わせてください‼ 今まで敬遠していた?どこから手をつけていいのかわからない? この世界に触れないのはもったいない!ここからはじめてください。いえ、一緒に始めましょう!「はじめてのBL」

ピックアップ

五右衛門可愛すぎ問題

  • ★★★ Excellent!!!

先に言っておく!俺の貧困な語彙じゃこの作品の良さは紹介しきれない!じゃあレビューなんか書くなよ!っていう気がしないわけでもないんだが、でも書きたいんだよ!何でか?この作品の五右衛門が可愛すぎるんだよ!!

はい、失礼しました。
この作品はかつての飼い犬が人間(名前は五右衛門)になって帰ってくるという物語です。最大の売りは何といってもこの五右衛門が可愛いことです。それと五右衛門が可愛くて、忘れてはいけないのが五右衛門が可愛いということです。大事なことなので3回繰り返しましたし、恐らくこれからも私は言いつづけます。五右衛門が可愛いと!という訳なので皆さん見ましょう。そして五右衛門に癒されましょう。

腐敗じゃない。これは発酵です。

  • ★★★ Excellent!!!

 BLってまともに読んだことないけれど、楽しめました。
 いや、そのものずばりな作風じゃないからでしょうけれど。
 その……確かに特有の匂いはあるけれど、言葉の選び方や構成のうまさ、テンポのよさ、さっぱりしたヴィジュアル描写がそれを補って、いい感じに醸してくれているのです。
 技術とセンスには脱帽を禁じ得ません。昭和のマーガレットや花とゆめみたいな、レトロさも感じましたし。編集のことも知識が盛り込んであって、もしかしてプロの方……なのかな?

 っていうか、BL不得意の自分の箸が止まらなくなるなんて思わなかった……。悔しい。だからって自分は、腐ったりはしない、と、思うけれど。
 クセがあるけど、かなり癖になる味です。美味しゅうございました。

芋BL界の金字塔

  • ★★★ Excellent!!!

主人公の正統派美芋、そして女子に大人気のイケ芋というBL界で最も王道であろうカップリングの周りを固めるチンピラ芋……!!良い味出てる!
そして、「なんてカッコ良い攻め芋様なの!!」と叫びたくなること請け合い、な胸熱展開!芋たちの青春恋愛劇!これはもう読むしかない!

失恋で髪を切るのは女だけだと思っていた。

  • ★★★ Excellent!!!

 とてもきれいで、丁寧な所作の描写が好きでした。
 それから、鏡の描写が良かったです。虚像すら愛して、虚像のに何かを求める主人公の心の動きがつぶさに表現されています。
 「髪を切る女=失恋した」という構図はもう使い古されていたと思っていたが、作者が書くとこうも違った一面を見せる。
 是非、御一読ください。

近くて遠い未来の話

  • ★★★ Excellent!!!

この話を読んでみて驚いたのは、圧倒的なリアリティですよね。
ここまでくると、いっそ生々しいというか。(笑)
いえ、この作品はフィクションなんですけど。

AIが自分の意思を持つだろうなんて、有名な学者まで言ってることでして。その手の話って、みんなダークな話じゃないですか。

この話の場合って、身近に存在するもので。
しかも、夢がある話なんですよ。

泣きあり、笑いあり、みたいな感じですけど。
音声アシストのサラさんが、可愛すぎて、読んでるとこっちまで機種変して、音声アシスト入れたくなっちゃいますね。

着眼点の勝利ってやつですねぇ。
面白いです。