こんにちは!
ボクの名前はカタリィ・ノヴェル。カタリって呼んでね!
世界中の人に物語を届ける配達人をしてるんだ。

ここには沢山の物語があるね!
ボクも手紙くらいの長さなら読めるんだけど、本くらいの厚さになるとなかなか手を出し辛くって。だから、短いお話から読むようにしてるんだ。

今日はカクヨムのレビュワーさんもオススメの、1話を5分以内で読めるくらい短い物語を持って来たよ。
ボクみたいに、カクヨムに来たけど何を読んだらいいのか分からない!っていう人にピッタリだと思うんだ。

まだまだ本の初心者だけど、これからもみんなに色んな物語が届くように頑張るよ!
それじゃあ、次の配達があるからまたね!

ピックアップ

軽快で楽し気な文章によって綴られる、おもしろおかしい異世界冒険!

  • ★★★ Excellent!!!

ドタバタと繰り広げられる主人公と指輪セリのやり取りが微笑ましく、誤字によって巻き起こされる出来事は予想外でいて思わず笑ってしまうものばかり。

誤字というデメリットなのかチート能力なのか。
作者の匙加減ひとつでいくらでも出来てしまう、扱いの難しいそれを見事に乗りこなし、操っている素晴らしい展開です。

女神と魔王の関係や、日帰り要素など。
誤字ギャグだけではない、しっかりと作られた設定も興味をひき、これだけで終わってしまうのが勿体ないくらい。

オチの流れはある程度、そう水戸黄門みたいに予想はつくのですが、そんなことは問題にならないくらい。
やっぱりそうだよね! と思いながら楽しめる作品です。

最後に一言、舌足らずは正義。もっと出て来てくださいライゾウスピンオフどこ!!

大切な想いを嘴にくわえて、彼は今日も大空に向かうのです。

  • ★★★ Excellent!!!

誰かを想う気持ちを嘴にくわえて、コウノトリのスタークさんは今日も空を羽ばたくのです。

「あるべき場所へ、あるべき時に」
その言葉にあるように、1ミリでも違ったら、1秒でも遅れてしまってはその想いは台無しになってしまうかもしれない。

どことなくメルヘンチックな可愛らしいお話です。それでもそこに込められている想いは大きくて深い。そして、想いを想うスタークさんの想いにほっこりと温かくなります。そんな優しいお話です。

おい待て、それは反則だろう!!(汗)

  • ★★★ Excellent!!!

第一話を開いた瞬間突っ伏して笑いました。
おい、ひでえな!!(←賛辞)

実話(……)とのことですが、
同じ話をしても面白くなる人とならない人がいるように、
ここまで笑えるのは作者の絶妙なセンスあってこそでしょう。
良いもの読ませていただきました。ありがとうございます。

バスタオル片手に読んで下さい、覚悟して。

  • ★★★ Excellent!!!

静かで優しい筆に誘われて読み進めると、うわ、やられた~。
途中からもう、ハンカチなんかじゃ足りません。
特に子育て経験者には堪らない、その状況にその言葉。
こんなに素晴らしい旦那様に恵まれた奥様が羨ましいと思う方々は後を絶たないでしょう。
でもそれ以上に、お嬢ちゃんの愛らしく純真な言葉や仕草に、全部持っていかれてしまいます。
ほぼ子育てが終わりかけている今だから余計に、涙がとまらないのかもしれない。あの時、もっと優しくしてあげてたら、あんなに怒らないで受け止めてあげていられたら、と後悔は尽きません。
それでも、いまだからそう思えるのであって、当時はそんな心の余裕も時間の猶予もなかった、と心宥めるしかないのです。
久々にオムライスを作ってみたくなりました。
カクヨムに参加して、こんなにも素敵な作品を送りだして下さって、有難うございました。
心からの感謝を込めて。

オチを語るわけにはいきませんが…江の島を引き立てるいい話でした!

  • ★★★ Excellent!!!

短いストーリーの中に、観光名所だけでなく土地の雰囲気が鮮やかに描写されています。この作者の物語は、他の作品でもそうですが、文章がもたらす雰囲気がとても柔らかいのです。
さらに今回はちょっと心温まるショートストーリーがうまく練りこんであり、かわいい主人公とともにゆっくりと、ちょっと低い視点で江の島の観光ができます。
短編とともに短い旅行を楽しんでください!