誰そ彼の空に

作者 月生

55

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

初めて読んで、全体像がつかめない――、でも何か気になる。
もう一度読んで、そういうことか。
そして3度目に読んで、作者の真意を知る……

知ったつもりだったのに、何だか気に掛かってしまって、日を置いてまた読み返してしまう。
あれあれ、印象が変わったぞ。

もう何回読んだかな?
覚えていないけれど……

★★★ Excellent!!!

短編だし気楽に読めるかなと読み始めた作品でしたが、文字を目で追うごとにどんどんその世界観に吸い込まれていきました。
さらっと読むにはもったいない、短いからこそ、何度でも読み返してまたじわりと心をあたためてもらえる文章でした。

ネタバレになってしまうといけないので内容について言及するのは控えておきますが、読んだ後のこの何とも切なくて、でもあたたかくて、そんな思いはどこかに向けて叫びたくなりますね。

この作品に出会えたことを感謝したいと思います。

★★ Very Good!!

 文芸文学として「実験的」ともいえることを、小説として物語として、しっかり意義ある形で成立させた佳品。構造も良。文体も麗。

 世界観への理解(前提となる基礎知識)がない人には、意味不明なままの箇所があるので、そこが難点であるとは言える。作品自体の価値を落とすほどとも思われないが。