白兎と金烏

作者

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 結 うさぎの嫁入りへのコメント

    最近こちらの作品を知りまして読み始めました。
    その内容にハマる事と言ったら。もうたまりません。
    睡眠時間、お昼休みはもちろんの事、仕事中ですら隙あらば読んでおりました。
    おかげで体調不良です。こうなるともう私にとっては危険な作品ですね。
    でも読み終わると、期末テストが終わったような、決算処理が終わったような
    ものすごく清々しい気持ちになりました。久しぶりに素敵な作品と出会えました。
    ありがとうございました。
    かさね・・・とても良い名前ですね。響もいいです。
    子供はもう無理ですので孫にでもつけてみたいと思いました。

    作者からの返信

    白兎に最終話までおつきあいありがとうございました!
    結構な長さのおはなしでしたが、深くはまりこんでいただけていたようで、とてもうれしいです(体調不良になるほど…!?
    こちらこそ、楽しんでいただける読者さまに出会えて、しあわせなおはなしになりました。ふふふ、かさねの名前もお気に召していただけてうれしいです!

    2021年10月14日 21:15

  • 四章 わだつみの宮 2へのコメント

    二人がひたすらにかわいい……

    作者からの返信

    返信をなぜか飛ばしてしまっていました;
    ありがとうございます!

    2021年10月14日 21:16

  • 十章 白兎と金烏 6へのコメント

    イチとかさねちゃん
    ラブラブでよきかな!と
    思います!

    作者からの返信

    えへへ、ようやくらぶらぶなかんじになれました(*´▽`*)
    見届けていただけてうれしいです!

    2020年12月28日 20:05

  • 九章 女神のねむり 1へのコメント

    今年中にお話の続きが読めるとは
    なんと嬉しいことでしょう!
    ありがとうございます
    最後まで見届けます
    よろしくお願いします

    作者からの返信

    コメントありがとうございます…!
    ようやく推敲の時間が取れたので、連載を再開できました!
    さいごまで楽しんでいただけますように。わたしもお言葉を励みにがんばります。

    2020年12月8日 19:09

  • 七章 くちづけ 1へのコメント

    連載再開ありがとうございます!
    かさねちゃん、がんばれー
    どんな結末を迎えるのか
    心して読みます!

    作者からの返信

    わっ、白兎さっそく読んでくださりありがとうございます…! 大詰めが近づいてきました笑
    かさねも、イチたちも、みんながんばると思うので、お見守りいただけたら幸いです!

    2020年4月25日 10:58

  • 六章 姫の決断 4へのコメント

    えー、そんなー
    わー、なんでー
    きゃー、ふたりはどうなるのー
    と、最近はずっとハラハラしながら
    読んでいます
    この先どうなるのか息を詰めて
    待っています!

    作者からの返信

    生死ぎりぎり率が上がっている近頃ですいません…笑 おはなしを追いかけていただけて、とてもうれしいです! 引き続き更新がんばります~!

    2020年3月1日 11:18

  • 五章 ふたつにひとつ 4へのコメント

    5章更新、おつかれさまでした! どきどきハラハラ楽しませて頂きました……!

    小指を絡めた約束、つまり結婚では!? 結婚した!? やったーーーー結婚したーーーー!!!(私の中で) おめでとう結婚したーーーー!(将来的にきっと) など思って大はしゃぎしました。ふたりなら大丈夫、となんだかほっとしてしまったのですが、それとは別に結婚した????? と思ってはしゃぎました。ありがとうきっと結婚する……!

    所で花嫁衣裳から四十八手とか言い出してほんとどうしようかと思いました。かさねちゃん、そういうとこ。そういうトコですよ!(かわいい)(でもそこがかわいい)(そこが好き) かさねちゃんがそんなこと言い出した時のイチを、ワイプで眺めてにこにこしたい、そんな読後感でした……^▽^

    続きも楽しみにお待ちしております!

    作者からの返信

    二条さん、白兎最新話までお見届けありがとうございました…!
    よかった結婚する!!(合言葉)
    かさねは妙な方向に何故いつも自信まんまんなのか、永遠の謎ですね……。イチはそこのとこツッコみたいけど、ツッコむと墓穴掘りそうだし、自分的にも藪蛇だし、いつもリアクションを試されている気がします。たいへんだ!

    えへへ、お言葉とてもうれしかったです!
    続きの更新もがんばれます!




    2019年12月25日 21:32

  • 終章 めざめ 2へのコメント

    えぇなにこれーと思ってしまいました。いい気分を害されて、ちょっと殴られてくれませんか?天帝とか思ってしまいました。かさねさんのモテ期到来!とかここまで思ってました。神器だからきっと強い武器なんだろうと思ってました!!これから先が怖いけど、気合い入れて読みます。ありがとうございます。

    作者からの返信

    ちょっと殴られてくれませんか天帝…笑
    ナイスタイミング(天帝的に)に降りてきましたよね…。かさねはある意味モテ期が到来しているかもですが、本人はあまり歓迎してないかんじです。
    ちょっと暗い展開が続いていますが、徐々に上向けていけたら、と思っております。ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました…!

    2019年10月15日 00:22

  • 七章 漂流する神 4へのコメント

    よかったです。会えてよかったです。泣きました。

    作者からの返信

    わー、お読みいただき、ありがとうございます!

    2019年10月15日 00:20

  • 終章 めざめ 2へのコメント

    今度こそ幸せなちゅう~と思って読んでいたらこんな展開とは。
    さすがの引きです。
    ボケボケと読んでいた私は、イチがそういう存在だっとはぜ~んぜん気が付きませんでした。
    最終章が待ち遠しいです。
    ああでもせめてちゅうの後、いや最中、ちゅうした途端でもよかったんじゃ……(ちゅうが諦めきれない)

    作者からの返信

    四幕最後までおつきあいありがとうございます!
    今回も寸止めになってしまいました…笑 終幕こそはしあわせなちゅうを完遂するべく、かさねたちががんばると思います。ふたりの行く末をお見守りいただけたらうれしいです!

    2019年6月18日 20:55

  • 終章 めざめ 2へのコメント

    ちゅーう!ちゅーう!と思っていたら張り手かまされました。神器はそういえば神の器、と書くんですね…頭弱いのでめっちゃくちゃ強い武器だと思ってました…笑
    イチが神器の持ち主とか予想していただけに衝撃強くて…愛にめざめたと思ったのに天帝のめざめだったんですね😲注文の多いちゅう、見届けたいなあ…!また楽しみに待っています☺️

    作者からの返信

    四幕、最後までおつきあいありがとうございました!
    かさねにとってもトラウマになりそうな寸止めになってしまいました…笑
    イチや神器のあたりはようやく描くことができました。「めざめ」のタイトルにも気付いていただけてうれしいです。注文の多いちゅう笑 完遂できるよう、終幕もかさねたちにがんばってもらいますね。ありがとうございました!

    2019年6月18日 20:51

  • 終章 めざめ 2へのコメント

    ぎゃー(ノ_<)なんとー
    気合いを入れて最終章読みますぅ!

    作者からの返信

    四幕おつきあいありがとうございました!
    こんな結末になりましたが、終幕のかさねのがんばりをお見守りいただけたらうれしいです…!

    2019年6月18日 20:47

  • 五章 海神の宝 4へのコメント

    連載再開うれしいです!
    この章は、ずっと
    かさねちゃん、がんばれー!と
    思いながら読んでいました。
    この後、
    神と人、天と地、表と裏、光と影
    そして、その狭間にあるものたち
    の、在り方はどうかわるのか
    かわらないのか、ワクワクします。

    かさねちゃんがんばれー

    最終章まで駆け抜けてくださいませ!

    作者からの返信

    お言葉ありがとうございますー!
    かさねはある意味、さまざまなものの境界に立っている子なのかな、と思っていたりです。まだ困難が続きますが、たぶんがんばっていってくれると思います笑 あとすこし、わたしも連載がんばりますね!

    2019年6月14日 19:31

  • 三章 神婿たる器 5へのコメント

    ここ2年くらい?こっそり楽しみにしていて、コメントしたくてユーザー登録してしまいました😭💓こんなのみんな惚れてしまうねえ。べろ入れられちゃったとか、穴と棒とか、もやもや案件増えているよ、間男さん。必死なイチが見れて幸せです。また、こっそり楽しみにしていますね😉

    作者からの返信

    白兎、追いかけていただけてうれしいです…!
    離れているうちに、もやもや案件が積みあがってしまいました…笑 再会したふたりのあれこれをまた描いていけたらとおもいます。ありがとうございました!

    2019年4月3日 22:56

  • 三章 神婿たる器 2へのコメント

    連載再開うれしいです!
    今後の展開にワクワクです!
    しゃべれないかさねちゃん
    …ふびんです

    作者からの返信

    ありがとうございます! 追いかけてもらえてうれしいです。
    本人はいたってまじめに訴えているのに、なかなか周りには伝わらないようです…笑>かさね

    2019年3月23日 00:01

  • 一章 人魚の声 1へのコメント

    連載再開うれしいです。
    イチが我を忘れている!のに
    キュンとしたわたしはSでしょうか?これからの展開が楽しみです。

    作者からの返信

    わー!再開にお言葉ありがとうございますー!
    イチも少しずつ人間味が出てきたのかもしれません笑 また少し長めのおはなしになりますが、お付き合いいただけたらとてもうれしいです。

    2018年11月12日 22:38

  • 終章 出航 2へのコメント

    かさねがこれからどうなってしまうのか次の話も楽しみです!

    作者からの返信

    ここまでお付き合いありがとうございます…!
    窮地から始まる四幕ですが、かさねたちをまたお見守りいただけたらうれしいです。

    2018年2月22日 22:48

  • 終章 出航 1へのコメント

    最後の旅へ。ふたりとも頑張って。
    どんな結末が待っているのか
    ずっと追いかけたいと思います!

    作者からの返信

    三幕にお付き合いありがとうございました…!
    いつもお言葉に励まされておりました。
    ふたりの旅路をまたお見守りいただけたらうれしいです。

    2018年2月22日 22:47

  • 七章 漂流する神 4へのコメント

    かさねちゃん、さすが。がんばりました!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    今回はいつもよりがんばれました!

    2018年2月17日 18:02

  • 七章 漂流する神 2へのコメント

    展開としてわかってはいましたが、かさねちゃん、大ピンチ!
    イチは?紗弓は?早く先が読みたいです!

    作者からの返信

    最新話へお言葉ありがとうございます…!
    三者三様のピンチ状態に…笑 あとすこし、お見守りいただけたらうれしいです~!

    2018年2月11日 23:02

  • 五章 月の宴 5へのコメント

    たいへんシリアスな展開なのに私ががっつり食いついたのが
    >無関心そうに自分の上着を投げてよこした。
    のあたりが正直者だなって(^▽^)
    イチはわかりやすいですね……かさねちゃんだったら顔色変えるだろうにね……(笑)

    作者からの返信

    朔さんのそのぶれないかんじににやにやしちゃいます…!
    イチは何度か紗弓の裸体を見ているんですけど、たぶんあざらしが転がってるくらいにしか考えていない…(正直者) コメントありがとうございました!

    2017年12月29日 22:06

  • 五章 月の宴 5へのコメント

    なんだか島自体が生き物みたいでホラーちっくに。イチは絶対なんか(脱出?)方法考えてるだろうと思うけど、なに考えてるかなーと思いつつ読んでました。

    作者からの返信

    そうなんです、デイキ島編はクローズドサークルなホラー風味…。
    イチとかさねがうまく脱出できるか、お見守りいただけたらうれしいです…!

    2017年12月29日 22:05

  • 四章 デイキ島 3へのコメント

    なにやら不穏な空気で胃が痛くなってきました、と書こうとコメント欄を開いたら、ほかの方のコメントが素敵すぎました。特技:生贄とか、ぱくっ(擬音)とか。そんな優秀なコメントは思いつきませんが、かさねちゃんがんばれ~と応援しつつ続きを読んできます。

    作者からの返信

    ももなさん、白兎読み進めてくださってありがとうございます!
    じわじわと事態が悪化していきます…。確かに「デイキ島3」個性派コメントが多かったですね…!笑 どのコメントもわたしはすごくうれしく拝見しているんですけど、並べるとなんだかおもしろい~
    お言葉ありがとうございました!

    2017年12月29日 22:03

  • 六章 島巫女の呪 5へのコメント

    うわぁああああ!?!?;▽; ちょっと続き……!? 続きがないんですがこれはよもやまさか、ここで……!? ここで次章なんです……!? 思わず顔を覆いました。あー! あー!?(ごろごろ)

    いくつか続けて読みました。どきどきしながらどんどん読み進めて行ったのですが、まさかこういう風になってしまうとは……! 島巫女の事情がようやく、うっすらと晴れつつ、それではデイキ神はどこにいるのか……? というのが気になります。帰ってきていないのか、帰れなくなってしまったのか、なにか事情があるのか……。そこも次で明らかになるのかな、と思いつつ、ああぁあ……(呻き声しかでない)

    イチの動きにも、もうほんとすぐそういう感じで危険になるー!? と思ったのですが、続くかさねちゃんに、かさねちゃんほんとすぐそういうことになるー!?(しろめ) となってしまって、もしかして(もしかしなくても) この二人似た者同士なんじゃないの……(知ってた) となりました。いいのよそんなぽんぽん危険な目に合わないで……!

    紗弓さんが気になります。ここまで、望みを持って、どうしても捨てきれなくて。すごく切ないというか、胸の奥がきゅぅっとなりました……。ここで、こんな風になって欲しくはなくて、ああ、とため息が零れました。どうなっていくんだろう……。祈るような気持ちで続きをお待ちしております。

    長くなってしまったー! どきどき読みました。楽しかったです。続きもゆっくり、お待ちしております!

    作者からの返信

    にじょさん、最新話までお読みいただき、ありがとうございます~!
    >いいのよそんなぽんぽん危険な目に~
    に吹きだしてしまったなど…!笑
    かさねとイチはわりと、相手に対しては、自分が目を離すとすぐ危険な目になりおって~~~って思っているのですけど、それあなたもだからね!感が抜けない… 確かに似た者同士ですね…!
    紗弓はずっと望みを胸に秘めてここまで来たのですけど、かさねたちと過ごす中で変化していく部分もあったのじゃないかな、と思いつつ。この先の彼女をお見守りいただけたらうれしいです~~。

    少し更新速度が落ちてしまいますが、デイキ神の謎解きも含めて、お届けできるよう、がんばりますね。いつも元気をいただいてます!ありがとうございました…!

    2017年11月29日 21:14

  • 六章 島巫女の呪 1へのコメント

    見たんですね……見えたということで良いんですね……!?<あるかないかも ああ、うん、言えないよね。言えないよねそして直すしかないよねーーーー無言でそっと整えてあげるよねえええええと大変ごろんごろんしました。そっと視線を逸らすのも、じつにニヤニヤうふふっとしました。

    思わず何回直してあげたのかを読み返しました。違う注目するのはそこじゃない……筈……描写があるのは2回だったような気がするので、欄外でもう一回二回はささっとしているのではないかしら、と思ってひたすら床を転がりました。ありがとうございます。

    落ちた先になにがあるのか不安になりつつ、ついに色々明らかになりそうな雰囲気にどきどきしています! 落ちた衝撃でおふくがはだけたりしないといいね! と思っています!(笑)

    作者からの返信

    気付いていたけど言えないオトコドコロを察してほしかったイチでした…! 別にあるかないかもわからないようなおむねさまでもいいんだけどな……っていうオトコゴコロも伝えきれず…無念であります…笑
    思わず何回か数えてくださるにじょさんが最高ですし、おっしゃるとおりわたしも書きながら数えていたんですけど二回です。でもときどきかさねが気付いていないだけで、すすって直していたんだと思います。伝わらないまごころ…(?)
    感想にによによしきりで、頬がゆるゆるになってしまった…笑 楽しんでいただけてうれしいです…! 落ちた衝撃でおふくがはだけてないか、次回確認していただけたら幸いです(きりり)

    2017年11月16日 21:07

  • 五章 月の宴 5へのコメント

    やはり閉じ込められていたのですね。不穏不穏。この先どうなるのか、更新が楽しみです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます~!
    えへへ、じわじわ不穏な気配になってきました。
    お付き合いいただけてうれしいです。

    2017年11月12日 23:38

  • 五章 月の宴 5へのコメント

    ああああ、ついに、ついに目に見える形で出てき始めてしまった……! とどきどきしながら読んだ回でした。招かれて出ていけないのは、こういうことだったのね……。海流がそうなっているのか、なにか呪いなのか、それとも海になにかが住んでる……? とあれこれ考えてしまいました。

     島自体が、という描写にぞくぞくしつつ、島巫女がどういう理由あって外部からひとを招いているのか。どんな理由があってそうしているのか、ほんとうはなにが行われているのか、解き明かされていくのが楽しみです……! 続きも楽しみにしております!

    作者からの返信

    にじょさん、コメントありがとうございます~!
    ようやくじわじわ、かさねたちが置かれている不穏な状況をつかんできました… 島巫女の「けがれ」は何なのかだとか、円や団たちはどうなってしまったのか、それから島自体のこと、次章あたりから謎解き編に入る予定です~~。いろんなこと想像してもらえていて、うれしいです。お言葉を力に、更新がんばれます…!

    2017年11月12日 23:38

  • 五章 月の宴 4へのコメント

    けがれって死のけがれとかそういうやつ……きっとそういうやつですね……?
    前話での私の悲しい気持ちを汲み取るようにかさねちゃんが、泣いてくれる……この子は自分の苦境には涙を堪えるのに人のためには涙を流すほんとうに良い子ですね……。
    イチの壱烏に向ける愛は、かさねちゃんに向けているのもとは違うんだよなぁ、……。違うんだよなぁ……!!(そこんとこ気づこうかイチさんや……!)

    作者からの返信

    朔さん、こないだは一気読み&コメントありがとうございました~! うれしくて、によによがとまりませんでした…!
    こう、こそこそ紛れこませているあれやこれやに気付いてくださる朔さんがほんとう女神さまで… むしろ白兎つっこみの上級者…笑
    特技:生贄のパワーワードはしばらくマイブームになりそうです。
    イチが壱烏とかさねの気持ちのちがいに気付けるのはいつになるのか… まだ遠い目になってしまいますが笑 少しずつ変化を描いていけたらいいな、とおもいます。コメントで元気をもらいました。ありがとうございました…!

    2017年11月8日 23:35

  • 五章 月の宴 3へのコメント

    なんだどうした紗弓さんとかさねが仲良くしてるぞ……?2人ともかわいいな、……!?
    かさねちゃん、貞操は取っておこうね、イチがもらってくれるからね(笑)かくなる上はってやるところじゃないからね!(笑)
    転身の呪とか、イチが知っているのは当然なのかもしれないけど、イチが知っていることがかなしい……

  • 五章 月の宴 2へのコメント

    そして誰もいなくなった……。

    ところでいちいち毒味してるイチがかわいいんですけれどどうすれば??
    ねぇお酒とか間接キスしてるけど君たちわかってる??
    紗弓さんにのろけって言われるほどのろけてるのわかってるかい??(笑)

  • 五章 月の宴 1へのコメント

    大地将軍の不屈のメンタリティ、すごく見習いたいです……
    へーっくしっ!のくしゃみがすごくかさねちゃんらしくて好き(笑)

  • 四章 デイキ島 3へのコメント

    いやー!!「『福』はみな、デイキさまに捧げるの」って絶対不穏なやつじゃないですかーー!!
    もうかさねちゃん、特技:生贄、とか書けるんじゃないですか!?( ;∀;)

  • 四章 デイキ島 2へのコメント

    なんだか……島の外へは出られないあたり、こう、怖いものを感じ取ったのですが……?

  • 四章 デイキ島 1へのコメント

    >「発情した獣はなんでも食うらしいゆえな」についにやにやしてしまった……。違うとも言えないですねイチさん……。とまらなくなったもんね……!
    とはいえ貞操の心配はない気がしますよかさねさん……(笑)

  • 三章 恋占 4へのコメント

    んんんんんっ……(言葉にならない)
    イチ……イチそうではない……女の子の気持ちをもうちょっとだな……うん、わかるはずもないんだけども……!
    ちゅうできたね……かさねちゃんにはハードル高いやつだね……とにやにやするんですがもうこの子たちってばどうしてこうなるの……(笑)

  • 三章 恋占 3へのコメント

    かさねちゃん、イチとちゅうしていいよおおおおお!!してよおぉぉ(笑)
    もう朴念仁のイチさんはどうしたらいいんですかね、もう完全に恋じゃないですか、恋しちゃったんだたぶん気づいてないでしょ〜の歌が聞こえてきましたよ……

  • 三章 恋占 2へのコメント

    おむねさまに囲まれたイチ……おむねさまがすごい単語だなと改めて思ってました(笑)

  • 三章 恋占 1へのコメント

    イロマチでかさねちゃんが癒されることはないですよー!!(笑)行ったらダメよー!!
    さりげなくイチが俺にもやることはないって言っているのに爆笑しました(笑)かさねちゃんに通じてないれ

  • 五章 月の宴 3へのコメント

    前半のふたりのやりとりがかわゆくて、きゅんきゅんしながら読みました! なんだろう、ふつうに、ではないのですけれど、二人がこうして話をしているのが、しみじみ、よかったなぁ……と思います。会話の内容はちょっとアレなものにせよ(笑)
    「えっ、それくらい……。ないわよ……」というのも、絵草紙で学んでるかさねちゃんも、かわいいかわいい……! というか、かさねちゃん、貞操をどうするつもりだったのか……おやめなさいよそういうことは……(笑)
    龍神にまつわる、かさねちゃんの気持ちや紗弓さんの想いに、なんだかしんみりしてしまいました。全部上手く行けばいい、というか、それぞれの願いが叶って誰も傷つかなければいいのだけれど、でもそういう風には行かないんですよね……。

    後半は、あー! ヒトちゃんー! あー!;▽; となりつつ。これは誰のなにをうつされてしまっているんだろう……? 良い所だけを島巫女が受け、悪い所、跳ね返ってくるものを押し付けてしまっていたり……? ううぅ、この後もどきそわ楽しみにお待ちしております……!

    かさねちゃんと、イチが、手を触れているシーンがとてもとても好きです。手当て、って言いますもんね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます~!
    紗弓とかさね、性格はぜんぜんちがうのですけど、案外相性がいいのかもしれない…とわたしもふたりを見ながら思いました。会話のノリツッコミの相性は何故かばっちりなんですよね…!笑
    一度は決裂するような形で別れたふたりなので、こうして一緒に旅したり、女子トーク(笑)したりしているのが、不思議なかんじです。紗弓はもう少しいろいろ書いていきたいので、お見守りいただけたらうれしいな、と思いつつ。
    ヒトと島巫女のあたりも、いろいろ想像してもらえていてうれしいです~! 少しずつ明かしていけるように、続きの更新もがんばりますね。いつも元気をたくさんもらっています。ありがとうございます!

    2017年11月1日 21:23

  • 五章 月の宴 2へのコメント

    あああー、これは確実に選んで連れてきてるやつーー!!! となって頭を抱えました。そして選んでひとりずつ、ぱくっ(擬音) ってしているやつなのではないのです……? それともなにか違う風に使ったりしているのだろうか……。あんまり生きているとは考えにくいので、ああー、ああー! となって画面の前でひたすらごろごろしています。つらみ……つらみの予感がする……!

    御伽話は、誰を主観として置くかによって全然意味が違う話だなぁ、と思います。老いることも死ぬこともないのは、誰なのか。イチや紗弓はそのあたりの不穏になにか気が付いていそうだけれど、かさねちゃんのそういう所が……とても可愛くて守りがいがあってかわいいのでいいと思います……(笑) 歌ったー! 踊ったー! かわいいー! っとばたばたしました。

    最後に、ああ、となりつつ。なんだろう、悔しい、ような気持ちもします。続きも楽しみにしております……!

    作者からの返信

    によによとコメントを読み返しているうちに返信が遅くなりました…! ありがとうございます~!
    じわじわと話の雲行きがあやしくなってきました…。かさねだけがまだ、頭の中がお花畑だったり、どじょうだったり、するのですけども…!笑 そうなのです、伝えられている御伽噺が誰から見た何なのか。昔あった「何」がねじ曲がって伝えられているのか。島巫女とぱくっ(擬音)あたりも、少しずつ紐解いていけたらいいなあ、と思いつつ。
    それにしても、ぱくっ(擬音)の破壊力があいかわらずで…!不穏なのにかわいい…!
    いつも、お言葉に励まされておりますー! 更新エネルギーをもりもりもらえました(拝み)

    2017年10月28日 17:09

  • 四章 デイキ島 3へのコメント

    あーっ生贄だー! やっぱりこれ生贄だーっ!;▽; と思ってガタガタしました。『福』はみな捧げるって、やっぱりそういうことですよねぇ……? 冒頭のわらべ歌も、これはもしかして島に漂着した時期によってなにか選別されていたりするのでは……? とぞわわっとしました。
    ヒトたちがされていることがあんまりひどくなければいいな……と思います。「おかあさん」への思慕で捨てられない、と思うのであれば、ろくなことではないのが確かなんですが……! そしてこれは蛇なのかなー。ぱくっ(擬音)だったらやだよーこわいよー;▽; とびくびく続きをお待ちしております!

    というかイチはほんとに……ほんとに……! と、とげとげしい会話のあたりでもごろんごろんしました。イチの、警戒して手を打とうとする所と、かさねちゃんの、とりあえず全部受け入れてしまうようなあり方の対比がすごく好きです。二人でいればちょうどいい筈なのに、上手く行かないトコも好きです。

    わー! とりとめなくなってしまったー! いつも楽しみにしております!

    作者からの返信

    にじょさん、コメントありがとうございます~!
    えへへ、じわじわ不穏な言葉が出てきました…気付いていただけてうれしい…! かさねが状況に疑いを抱くのはもう少し先なのですが、少しずつ島のこわーいかんじを出していけたらいいな、と思います。
    それにしても、ぱくっ(擬音)がかわいすぎて…!笑 内容はえぐいのに、擬音のせいでかわいい絵面に…!
    イチとかさねは生まれや育ちのちがいもあって、いろんなところが対照的なぶん、わかりあえないことも多いのですが、少しずつ歩み寄れていけたらいいな~って思っています。
    お言葉がいつもうれしすぎて、によによしちゃいます。ありがとうございました!

    2017年10月16日 21:14

  • 四章 デイキ島 1へのコメント

    連載再開おめでとうございますー! わーっとどきどきしながら読みました……! かさねちゃん、あれこれ強い……!(笑) そして繊細な乙女心に笑いました。いや決して笑う所ではないんですけれども……なんでこうじわじわ来てしまうんだろう……(笑)
    イチの反応も、分かってるのか分かっていないのか、微妙な所が絶妙というか、すごく好きです。あれっ進展していない……? 後ろに下がって……ない……? いやでも、と首を傾げて考えました。が、がんばれかさねちゃん! あと一押し、以上はありそうですけれども!
    デイキ島の雰囲気にもどきどきしつつ。続きを楽しみにしておりますー! わーい!

    作者からの返信

    にじょさん、さっそくコメントありがとうございました…! なんでしょう、自分で言っている時点で繊細かな?繊細とは? みたいな感がぬぐえないかさね…笑 
    想いあっているはずなのに、日に日に後退している気がして、ちょっと不思議です…! えへへありがとうございます。かさねにはここから、ていていていって押し出して、土俵際に追い詰めて勝ちをつかんでほしいです。続きもがんばりますね。とっても励みになりました…!

    2017年10月9日 21:28

  • 三章 恋占 4へのコメント

    かさねちゃん凄いこと言ってるね!?(笑) と思いつつ、イチ……イチ……おめでとうなのかなにしてるのなのか、頑張れ……なのかよく分からなくなって来ました……! 
    赤くなった指先に、さむそう、と思うのがもうほんと大事に思っているんだなぁ、という感じですごく好きです。そこは思慕の情というかあわれみであるのに、そっから欲望へ至るまでの流れがすごくフラットで、ものすごくにやにやしました。でも色々頑張ってねイチ……。
    またゆったりとお待ちしております!

    作者からの返信

    かさね、耳年増なので言葉だけは知ってる!知識がたくさんです…笑
    もしも、かさねがあそこで妙なことを言い出さなければ、イチが手を握れて、それなりにいい雰囲気になっていたかもしれないのに…とおもいつつ。わたしもにじょさんのコメントににやにやしちゃいました。
    いつもありがとうございます…! のんびり連載になりますが、またお付き合いいただけたらうれしいです~!

    2017年8月7日 20:17

  • 三章 恋占 3へのコメント

    KOIに落ちちゃったんでしょう知ってるんだから……! とひたすら床をごろごろ転がりましたが、惹かれている、というのを自分で認めてくれてほっとしたというかひたすらニヤニヤしました……ありがとうありがとう……(笑)

    どうなっていくのかひたすら楽しみです……。でもときめいたりきゅんとしたりどきまぎしたりする姿が全然思い浮かばなくてちょっとまがおになりました……。

    作者からの返信

    きのうはさっそくありがとうございました~!
    惹かれていることは認めているのに、どうしてその先が認識できないんだろう?あれ?ってかんじなのですけど笑 大きな一歩は踏み出した気がするので、がんばろうイチ…一歩ずつ… となまあたたかい眼差しで眺めています。えへへ、三幕から四幕にかけてふたりの関係がじわじわ変わっていくので、お見守りいただけたらうれしいです…!

    2017年7月23日 21:30

  • 三章 恋占 1へのコメント

    あー! そこはついて行ってはいけない所ですおやめくださいあー! っとごろごろしました。続きが気になってひたすらにやにやします……!
    案内の蝶の、いとけない、という描写がしみじみ好きで、端々の言葉の使い方や表し方も堪能しております……!

    作者からの返信

    そこに行っても癒されないですよ…!と誰か教えてあげてほしいです…次回はかさねinイロマチ編です…笑 
    えへへありがとうございます!>描写 いとけない、こっそりこだわった部分だったので、気付いてもらえてとってもうれしいです。

    2017年7月9日 22:52

  • 一章 逃げ道 3へのコメント

    すごくすごくシリアスなシーンだとわかっているのに
    >ほたほたと涙と鼻水を垂れ流しているかさね
    >>>鼻水<<<
    に安定のかさねちゃん……となってしまった私を誰かに叱ってほしいです……

    作者からの返信

    えへへ、かさねの鼻水は基本仕様です…笑
    目を止めてもらえてうれしかったです…! ありがとうございます~

    2017年6月18日 17:33