機動鎧装RR 蒼海のニーア

作者 紅葉紅葉

119

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この手のSF作品は専門用語がごちゃごちゃしすぎて、情報量で見応えが薄くなりがちですが、この作品はそのような細かいディティールにも気配りしつつ、全体を通して見易くなっているのが高ポイントでした
戦闘だけでなく、主人公やその登場人物を取り巻く背景もかなり精巧に描かれており、その読み易さと奥行きの深さからなるクオリティは単なるネット小説の域を超えています
カクヨムで初めてハマった作品がこれでよかったなぁとつくづく思いました

★★ Very Good!!

 いやあ、ボリュームのある作品でした。
 作者様の豊富なメカ設定や描写は、積み重ねられた知識と研鑽されたスキルとセンスを感じます。

 ひと言で表すならば――――分かっているな、と。

 ただ、書きたいことを書ききっている、それが全体の足枷となることもあるとも感じます。

 作者が分かっている反面、分かっている読者としか作品の深い相互理解は難しいであろうという、ある意味ロボットモノの宿命です。

 また、圧倒的な勢いをして描かれた最終決戦、おっと目を引くキャラクター性を鑑みれば、文章のクリーンナップと人間同士の関係性をブラッシュアップすることで、恐らく。

 この作品は全体をコンパクトにしながら、もう一段階『上』へいけると断言します。

 戦いに身を置く人の『性』、星海に謳われるかのようなメカニカルヒロイックサーガ。
 楽しく読ませてもらえる良作でした! ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

昨今のロボットアニメは、まるで値段だけ高い薄切り肉
昨今のロボット特撮は、まるでコーティングや見た目に拘りすぎた、日持ちのしない味付け肉

そんな中彼のこの作品は、ボクの大好きなアニメ黄金時代を色濃く受け継いでいる
若いからこその発想と、大切な何かを併せ持つ作品
細かい設定が重く感じるひともいるだろう
キャラクターだけでいいと感じるひともいるだろう
しかしながらロボット作品というものは、ロボットとキャラクターが均一でなければならない
ロボットの性能だけではつまらない
キャラクターが可愛かったり、かっこよかったりするだけでは飽きてしまう
世界観、ストーリー、設定、背景、キャラクターすべてを均一に魅せなければならないジャンルとも言える
そう、難しいジャンルなのだ、ロボットものと言うのは

ロボットは飾りじゃない
キャラクターだけのドラマならロボットはいらない

彼は余すところなく、ストーリーと設定を盛り込み、単一のロボット世界を作り出している

時間がないと中々読みにくい帰来もあるけれど、それこそがロボット作品の醍醐味と言えよう

世代を世代と捉えずにいる彼ならではの逸品

★★ Very Good!!

 厳しい境遇に置かれて様々な葛藤に悩まされながらも、仲間に支えられ、戦いへの決意を抱き、成長していく少年ニーアの物語です。それだけではないですけど、僕はそう感じました。
 設定がこだわり過ぎて、戦闘描写などで読みにくいところはありますが、慣れれば状況が分かる程度にはしっかりと書かれていると思います。

★★★ Excellent!!!

人間をグレードアップする兵器……鎧装を、以前の「外敵」から同胞であるはずの人類に向けてしまった世界。
人の欲、意識は、大きな禍根を残すことになる……。
……正直に言ってしまえば、文章には拙い点が多く、読むときに閊えてしまうことも多々あった。
ただ、この作品の根幹に流れるテーマ、心を震わせる慟哭、何よりも「彼」の流した涙が、私の心を突き刺した。
有体に言えば文章力などは磨けばどうにでもなるのだ。だが、セリフで、描写で、鷲掴みにしてくる魅力は代えようがない。
その魅力にたどり着くまでは距離があるが、少年の……ニーアの悲痛な叫びを聞けば、直前まで評価に悩んでいた私の背を押す「コア」に触れてもらえるはず。

★★★ Excellent!!!

ギアスーツという機動鎧装が兵器として用いられる世の中で戦い続ける人々のストーリー。彼らは、それぞれ過去に傷を負い、その中でも『今』を生きている——

特筆すべきは、その丁寧な戦闘描写。
ロボットものなどを文章ではあまり読んだことがないのですが、読むうちに頭の中に映像が浮かびました。
描写からは作者のギアスーツへの愛、理解がうかがえます。

そして、小出しにされる登場人物の過去がまた魅力的。
二―ア、そしてヒューマの過去とは?
マリーはどうなっていくのか?

正統派ロボットアクションストーリーです。
この先の展開に期待です!

★★★ Excellent!!!

めちゃくちゃ重装備で戦ってる主人公!? と思ったら、それが敵に全く通じてないという状況から、ヒロインが現状打破に打って出ようとするシーン。

これは。

愛と戦いのプロローグ?

ロボット物はあんまり読まないけれど、専門用語が無理なく「こういうもの」って流れで説明されていて親切だった。
おもしろい。

メインキャスト達が、つべこべ言わず、戦い抜こうとしている。

なんだこれ、すごいんじゃない!?

40話にしてクライマックス級の迫力!!!

読ませてくれてありがとうございます!!!

★★★ Excellent!!!

 ツイッターで最初にヒューマが扱う機体の画像を見た時、思わず「ブルーディスティニーだこれ!?」となって作品をチェックしてしまいました。
 実際チェックしてみると、どちらかといえばハインラインの宇宙の戦士的な、いい意味で古風なSFロボットアクションでした。文字の海の中で溺れる感覚は、かつて古典の名作に熱中した時のような頭のマラソンを思わせ、心地の良い満足感を覚えます。
 現在第六十四話まで読ませていただきましたが、序盤に比べてやっぱり読みやすくなってますね。そういう変化も面白いかと。個人的に最高の回は第六十三話だと思っているので是非其処は読んでください!
 これは良い。実に良い。ジャンルは異なれど同じロボット物を書いている人間として自身を持って勧めます。
 圧倒的描写物量、圧倒的描写質、さながらモビルアーマーの如き強さが有る作品です! この作品は間違いなくすごい!

★★★ Excellent!!!

精細にして濃密な描写。魅力的なキャラクターたち。まるで自分がギアスーツを着て戦っているかのように感じる程の臨場感ある戦闘シーン。最高です! 私は読みやすさを重視するあまり簡潔に文章を書こうとするので、自分にはないものばかりで超嫉妬です!(๑•̀ㅂ•́)