竜斬の理

作者 齊藤 紅人

独創性に満ちた、「実は王道」ファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

竜の手術がモチーフの、ユニークなファンタジー。

前半は、前代未聞の手術を成功させるため、必要な技術や器具、人材を求め、主人公が旅するロードノベル仕立て。後半が、手術実践。――こう書くとわかるように、ちょっと黒澤の「七人の侍」に構成が似ている。つまり面白くないはずがないという王道構成。

手術のために古代の竜解剖図を入手したり、竜が持つ特異な皮膚構造をどう切り裂くか検討してメス代わりの特別な剣を入手したり――。ひとつひとつ課題を解決していく課程は、まさに「冒険」。つまり本作は変わり種ファンタジーではなく、実は王道ファンタジーなのだ。

週末の一夜、ファンタジー世界に本気で没頭するならふさわしい一作と言えるでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

猫目少将さんの他のおすすめレビュー 34