竜斬の理

齊藤 紅人

序章

0.物語

 貴方は光源で前方を照らしながら歩いている。

 静かな空間に貴方の足音が反響する。

 その場所は広く、天井も高い。岩盤を刳りぬいて作られた洞窟のような形状だ。けれどごつごつとした武骨な造りではなく、壁も天井も磨かれたようにつるりと丸く仕上げられている。

 床からは、漆黒の樹氷のようなものがいくつも隆起している。規則性はなく、本当に冬の森に迷い込んだようにも思える。樹氷たちは赤い魔詳石をまるで熟れた果実のように実らせている。

 魔詳石は、知識を有する石だ。

 その小さな球体の中に、情報を凝縮し、保存することができる。マーフォークの造り出した偉大な発明のひとつだ。ここは魔詳石によって保存された知識の集積所、つまり大きな図書館ということになる。

 その向こうに、貴方は貴方とは別の光源を見つける。

 貴方はごくりと唾を飲み、歩調を早める。

 樹氷の合間をすり抜け、どんどんと近づいてゆく。

 貴方の光源が対象の全身を照らす。

 対象は、全長三メートルほどの、竜だ。

 竜はこちらを気にする様子もなく、大きな椅子に腰を下ろし、柄のついた眼鏡で手にした丸い硝子盤に映る文字を拾っている。硝子盤は鍋敷き程の大きさで、魔法の力により文字が浮かび上がる構造になっている。 

 竜の腕は四本ある。ランタンを掲げ、眼鏡を支え、残りの二本の腕で硝子盤を持ち、操作している。

 竜の表皮は何十辺もの皮膚を継ぎ合わせてある。鱗状ではあるが、所々で色も質感も違っていて雑多に継いであることが見て取れる。背中の小さな二枚の羽根も左右で形状が少し違っている。その姿は不気味さの中に、どことなくユーモラスな雰囲気を内包している。

 貴方はツギハギだらけの竜に声をかける。貴方の声に反応し、竜の髭がぴくんと動く。

 それを見て貴方は挨拶の言葉を口にする。

 竜は貴方の挨拶に対し、貴方と同じ言語で返答する。

「……ああ、お客さんか。これは失礼」

 竜の言葉は淀みなく流暢で聞き取りやすいが、時折、喉がグロロと鳴る。

「初めて見る顔だ。よく来たね。歓迎するよ」

 柄付きの眼鏡を硝子盤にそっと置き、竜は貴方に握手を求めてくる。

 右でもない左でもないその手はとても大きい。貴方は差しだされた手の六爪のうちの二爪を軽く握り、友好の意を表す。

「僕の事は知っているのかい?」

 貴方は深く頷く。

「はは、そりゃそうか。じゃなきゃこんなところまで来るわけないか」

 竜の頬が歪み、目が細くなる。どうやら笑ったようだった。合わせるように貴方も笑う。

「言葉はこれで大丈夫かい? 他にご要望があれば切り替えるよ」

 貴方は問題ないことを竜に伝え、その心遣いに感謝する。

 竜が尖った爪の先で、はにかむように鼻を軽く擦る。

「じゃあ早速、始めよう」

 竜が貴方に着席を促す。あなたはいくつかある椅子の内のひとつに、腰を下ろす。

「そうだね、最初だからね。最初の話をしよう。なあに、そんなに長い話じゃないよ。世界が大きく揺れ動く前の、ちょっとした余震のような、そんな話さ」

 さて。と、厳かな調子で竜は語り始める。

 ――物語を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます