竜斬の理

作者 齊藤 紅人

ファンタジーとリアリティの心地好いバランス

  • ★★★ Excellent!!!

ライトノベルの体裁を取っていて読みやすいが、正統派ファンタジーを想起させる。ある程度読んだ経験のある読者向け。
とはいえ、世界観の解説によって読み手のスピードを落とし、会話や効果音の軽さでテンポを上げるなど、各エピソードごとのバランスが心地好く、ファンタジー初心者でも楽しく読み進められるだろう。
一番謎の多い人物を主役にすえており、これが物語運びに吉と出るか凶と出るか、作者のお手並み拝見といこう。
登場人物の名前の言語に統一感が無いのはご愛敬。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

王国と契約した古代竜が腫瘍に侵された。救うためには腹を開いて腫瘍を取り除くしかない。しかし、どうやって?
竜の魔法防御を突破するための再現不可能魔法の復活。それに耐えうるメスとしてのミスリル銀の剣の… 続きを読む