カリス・イン・ポストワールド

作者 維嶋津

神の復活譚

  • ★★★ Excellent!!!

怖い話です。
本作は世界観・設定の精密さもさることながら、時に暗示的に、時に明確に示唆される、物語自体のメタ的な意味合い(とでも言えば良いかな?)が非常に緻密で、これをどう考えるかで結末の解釈が全く変わってくるかと思います。
即ち、スナドリの目的は達成されたのか否か。その答えは、エピローグを読むと一見明白です。が、そもそもこの「終幕」は『誰』の叙述なのか?最後の記号の意味は何なのか?と考えると…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

将棋で人間を下したり、お店でペッパーくんが客と会話していたり、自動車の自動運転が実用化の段階に入ったりと日々進歩を続けるAI。
しかし、進歩によってAIによって仕事が奪われてしまうという問題も。
そ… 続きを読む