カリス・イン・ポストワールド

維嶋津

序文―第六回現代綜合藝術品評会開催に際して


 奪われたのか。それとも、自ら手放したのか。


 ともかく、藝術が人類のものではなくなったあの日から、二十年の歳月が経ちました。

 壁画の時代から始まった大いなる奔流の、唐突で……しかし完璧な断絶。

 しかし今や多くの人々がそれを受け入れ、愚かにも歓迎すらしています。「人類の新たな進化だ」と。「知性は物質世界のみならず、精神世界をも掌握したのだ」と。


 受け入れてはならない。

 断じて、受け入れてはならない。

 かの冷たき、そして残酷な知性どもの祝宴に、我々は甘んじてはならない。

 なぜならそれは、人類の精神、魂そのものの敗北であるからだ――


 そう信じた我々は、戦う決意を固めました。

 狂人と蔑まれ、反乱分子と疎まれ、懐古趣味と嘲られ……。

 そして今なお彼らの手先は、我々の活動を潰えさせんと目を光らせ続けています。

 平坦な道ではありませんでした。数多くの苦難が行く手に立ち塞がりました。

 しかしそれでも、我々はいま、この場所に立っています。

 かの日の思いを、胸に灯し続けて。

 そう。

 我々は、抗わなければならない。

 我々は、声を上げねばならない。

 我々は、否定しなければならない。

 彼らを打ち倒し――そして今一度、人類の手に藝術を取り戻すために。


 当協会は才気ある藝術家に惜しみない支援を続けてきました。その感性が結晶するこの定期品評会が、今回で第六回を迎えたことに、主催者としては感慨の念を禁じ得ません。

 今回もまた各人が情熱を尽くし、新時代を切り拓く素晴らしい作品を生み出すことを期待します。

 


 二○六五年六月三十日

 現代綜合藝術品評会代表

 クマソコンツェルン亜細亜第七支部長

 熊襲出彦

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る