まずは、わたしの話からはじめよう。

1.

 血の匂い。錆びて、少し甘い。熟れ過ぎた果実に、鉄粉をまぶしたような。

 

 最初にここを訪れた者は皆、だから少しだけ顔を顰める。鼻を刺す違和感の奥に、言い知れぬ不吉さを嗅ぎ取って。だがその正体を知る頃、既にここに逃げ場はない。

 

 血……。


 そういえばホールの内装も、それを連想させるようなものばかりだった。


 例えばそれは、床一面に敷き詰められている、暗赤色の絨毯。

 何の繊維か、妙な湿り気を帯びていて、踏みつけるたび沼のように沈み込む。そのくせ足を上げれば直ちに戻り、後ろには跡一つ残らない。

 例えばそれは、天井一面に刻まれた模様。絡み合った蔦のように見える意匠は、その実、血管を模している。それはうねり、捩りあわされ、時に脈打ちながら、天井の辺縁から中心に向かって伸びていた。

 そして擬似血管が結節する場所――すなわち中心部には、巨大な心臓のオブジェが張り付いている。脈動する不気味な肉塊。熊襲現代美術館のトレードマークであり、館内の統御機構でもある、文字通りの心臓部。

 玄関ホールは二重の円筒になっていて、外縁部は三階までが吹き抜けになっている。天井は高いにも関わらず、常に蓋をされたような閉塞感が付きまとうのは、この心臓がどこに居ても頭上を圧するからだろう。


『品評会』は、内側の円筒――メインホールで行われる。

 わたしは歩き、簡素なカウンターに辿り着いた。

 そこには、いつもの受付嬢が鎮座している。

 机の前の張り紙には、わざわざ手書きで墨文字が書かれてあった。


『第六回 現代綜合藝術品評会 受付』


「あっはぁ、どうも」


 間延びした声。


 受付嬢が、こちらに視線を送っていた。地味なスーツに身を包んだ女。目鼻立ちこそ整っているが、目は微妙に焦点をはずし、顔には呆けたような笑み。


「また来てくれたのねぇ、リヒカちゃん。あっは、嬉しいわぁ」

「どうも」

「あっは、冷たいわねぇ……。昔はあんなに可愛かったのに。悲しいわ。あっは」


 声の調子がいやらしく粘つく。わたしは返事をせず、名簿を手に取った。

 その手首に、彼女の手が素早く重ねられた。わずかに汗ばんだ掌。


「あっは。貴女は、それ、必要ないでしょ?」


 そのまま、手首を裏返される。


「これで、充分」


 そして彼女の指が、肌をなぞる。頚動脈の近く。四角くて赤い、傷痕の上。


「きれいな肌なのに、もったいないわ……」


 吐息交じりの呟きと、妖しく艶を帯びる瞳……。


「やめていただけますか」


 わたしは無理やり、手を振りほどいた。


「あっは」


 悪びれる様子はない。


「ごめんなさいねぇ。貴女を見てると、ついついイタズラしたくなってぇ。あっは」


 彼女はいつも句読点のように、独特な笑い声を会話に挟む。ただ息を吐いただけの、意味のない音。

 言われるがまま、手続きを済ませる。提示された小型のスキャナ端末に手首をかざすと、青色のランプが点灯し、モニターにわたしの名前が表示された。


素那酉すなどりリヒカさん、確かに確認しましたぁ。番号は四十三です」

「はい」

「あっは。今回は多いでしょ? クマソさん、張り切ってるみたいでねえ。あっは。今来てるだけでも、半年前の倍よ。凄いわよねえ。あっは」


 わたしは彼女を無視し、奥へと進む。耳に障る笑い声が追いすがるように響き、そして消えた。

 メインホールの扉は、唐草模様を刻んだ、時代じみたデザインをしている。その模様は絶えず色の濃度を変え、表面を触ると柔らかく凹み、ほんのりと暖かい。

 少し手で押すと、扉は勝手に奥へ開いていく。


 視界一面を刺す赤。


 大部屋の中は、絨毯だけでなく、壁紙や調度品までもが、毒々しい赤で統一されていた。血のにおいが一際、濃くなったような錯覚に襲われる。

 相対する壁には、上半身裸の、めいめいに手に林檎を持った、三姉妹の彫刻。


 カリス。

 ギリシア神話の、美の女神。


 しかし、彼女たちはここでは逆さに吊るされ、首から上を切断されている。断面からは血を模した液体が流れ、その下の噴水池に流れ込んでいた。


 メインホールは、既に多くの人で満たされている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る