幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。

作者 二宮酒匂

物にも命が宿っている

  • ★★★ Excellent!!!

この作品を読んで初めに思い浮かんだ感想が、物にも命が宿っているという言葉でした。
本当に自販機が生きているような、そんな感覚を味わえました。
身近にある物に、彼女のような付喪神や妖精が宿らないかと期待してしまいます。
読みやすく、登場人物にも好意が持てる素晴らしい作品。
まだ読んでいない方に、ぜひおすすめしたい小説です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

つづくさんの他のおすすめレビュー 10