この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる

作者 土日 月

3021

1115人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

リスタのハッチャけたセリフに誤魔化されてしまいますが、これはちゃんとした(コメディの少し入った)重厚なファンタジーです。
しかもラブ要素もちゃんと入ってる。
北斗の拳のケンみたいなとんでもなく強い、しかも慎重すぎる勇者、しっかりと造られた世界観に魅せられました。
これなら出版されるのも宜なるかなです。
まだ途中っぽいので続きが楽しみです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

正直ファンタジー小説が苦手な私…。
知らない国名知らない城名、ステータスに敵キャラなんて、苦手でしかなかったのです。
それなのにすごく読みやすい。
ファンタジーも読めと言われてそれなりの読んできましたが、ネットの場合かもしれませんが話の切り方がわかりやすく、章名も簡潔、数行の内容ごとに行間がありわかりやすい。

また、キャラクターが王道な性格なところもいいです!最近は個性重視になっているふしもあるので、うれしくなっちゃいました。

まだ半分も読めていないのですが、読みきるまで待てない!とレビューしました。これからも楽しんで読ませていただきます。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

今更レビューなど書かなくても、放っておけば多くの人間が勝手に読むであろう、「カクヨム」を代表する異世界テンプレ物のファンタジー。

実は私はあまり異世界テンプレを読んだことはない。というのもあまりにも稚拙で読むに値しない作品が多すぎるからだ。間口が広いが故に、小説の技法など全くなっていない状態で書き始める未熟な方が多いこと、多いこと。

しかしこの「慎重勇者」は違う。
確固たる実力と類まれなるセンスで創作された、最高の異世界テンプレ物のファンタジーだ。異世界テンプレと言えば、勇者が俺TUEEEでノンストレスで読めることがウリだが、それを究極まで洗練して高めた本作は、正にジェットコースターのように勢いのままに読み進めることができる。

ちなみに、ご都合主義という批判は異世界テンプレ物には当たらない。というのも、ご都合主義を楽しむのが異世界テンプレだからだ。ではこの「慎重勇者」のご都合主義はどうなのかと言えば、他の追随を許さないほどの、胸のスカッとする快感を与えてくれる。

異世界テンプレというだけで敬遠されている方にこそ、読んで頂きたい本作。ぶっちゃけ他は読まなくていいので、これだけは読んでおこうっ。


【書籍版を読了したうえでのレビューとなるので、現在第二十八話までしか読んでおりません。続きも書籍版で読もうと思っております】

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

軽い気持ちで読み始めたら最新話まで到達してしまいました。
最初は慎重さが良いスパイスになりながらも俺TUEEE展開であることに変わりはありませんでしたが、その先に予想だにしなかった世界が。
続きが気になってつらい……著者さんの脳内を念視したい……更新楽しみにしてます。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました