紙山さんの4月9日。

作者 ハイネ ケンスス

52

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

まず冒頭だ。不条理な出来事が起こっているのに、あたかもそれが日常のように淡々とした生活が描かれる辺りに、面白さを感じれるか否かでこの作品を楽しめるかどうかは決まる。

楽しめる人は安心して、続きを読めばいい。終始そんな感じだし、なんなら冒頭をはるかに越えるような不条理が次々とぶっ込まれてくるから。

一つ確かに言えるのは平凡な1日、と題してこの作品が出てきたら、私は間違いなくキレる。だって詐欺だもの。
でも、騙されても、結果面白ければそれでいいやと思えてしまう。ある意味、力技である。

もしも我こそは、というツッコミ気質の方がいれば絶対に読むべきだ。
ツッコミの渋滞にハマらずに、この高速を抜けられるとは、到底思えないけれど。

Good!

な、なんだ、この世界は。


越智屋ノマはたじろいだ。

物語の方向性は、未だ見えない。
だが何なのだ、この不思議系引力は。

ブラウザバックは、選択肢から失なわれた。

まだ第一話の段階なので(平成28年3月3日現在)、☆1つに留めておくことにしたが。

第三の目をfull開眼し、今後を経過観察したい。

★★★ Excellent!!!

どこがいいかを抜粋しようとすると全文コピペする羽目になるので、レビューなんて読んでる暇があったら本文を読み、最高の日常にトリップするのがいいと思う。

「つづいて為替と株とオリハルコンです。」

が何故か壮絶にツボだった。
オリハルコンは先物なのかな。やっぱり。

追記:天才かよ……天才多すぎるだろ……なんなんだよ……。

やはり話ごとに感動を伝えたいが、三鷹市には俺も少々むかついていたので、宣戦布告に賛同の意を表明したい。

追追記:ユニコーンが喋っているだけで笑える。

しかも、ストーリーが有機的に組み立てられてきた。いったいどうなるんだ。マジか。一発ネタじゃあ、ないのか。俺も武装蜂起を、する準備をした方がいいのか。

追追追記:DONBEYはずるすぎるだろ。

神様の新作良かったですねー。素敵な話でした。

★★★ Excellent!!!

(7月21日レビュー更新)
やった! 再開してる!
いつのまにか1話以降が読めなくなって数ヶ月。待ってましたよ。
7月いっぱい更新ってことは結構新作がくるのか??
楽しみにしてます!

(当初レビュー)
徐行でゆっくり発車したと思ったら、気付けば新幹線に、そしていつのまにか極超音速で大気圏を突破していったような感覚。
彼らにとっての当たり前な世界は、現実世界に生きる我々には想像することさえ不可能。
続きを読みたいが、続きなんて書けるのか???

★★ Very Good!!

キャッチコピーが気になって読んでみましたが、日常的に繰り広げられる非日常的な会話ややり取りに妙な味がありました。
たった一話の間にもどんどん非日常っぷりが加速して行く……。
色々勘案すると、この世界はよく崩壊せずに回ってるなと心配になります。
またさりげない叙述トリックもあって笑いました。

一話でエタると思ったらちゃんと続いてるっ。