肥前の熊に薩摩の狐

作者 宮内露風

72

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

こちらは島津対龍造寺という、九州の覇権を巡る戦いを描いた物語!
ひと言で言い切ってしまうなら、本格派歴史ロマンです。

まず目を惹かれたのは描写の力強さ。
設定やら人物、状況なんかは実に丹念に書き込まれているんですけれども、
それぞれの情景にまるで太い筆を思いきり叩きつけたみたいな迫力があるんですよね。

そしてこの、著者特有の緊迫感が最大に生かされるのはもちろん戦ですよ。
大がかりな戦闘シーンに欠かせない「流れ」をきちんと描きつつ、見せどころはバシっと決める――
うん、実にかっこいいんです! 

逆にそこがしっかりしているからこそ、細かい部分が生きるとも言えます。
このへんのメリハリ、戦争系の作品を書かれている方は参考になりますし、好物にされている方は絶対楽しめるクオリティがあります。

歴史好きの人だけに独占していただくにはもったいない一作です!

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=髙橋 剛)

★★★ Excellent!!!

私、九州男児ですが、戦国時代にこんな戦が有ったとは知りませんでした。龍造寺なんて一族も知りませんでした。面白いですね。
作品の冒頭に小振りの戦闘シーンを配置するのは読者を魅き付ける常套手段ですが、その戦闘がクライマックスの大戦闘に繋がる構成力は御上手です。
全体を通して、戦闘シーンには躍動感が有ります。残念なのはWEB小説だという事。布陣図が有ると、戦局の移ろいがビジュアルに理解できて、もっと面白いと思います。
これは作者の実力不足に因るものではありません。地図で九州南西部の八代湾周辺を見ると分かりますが、込み入った地形をしています。そこを舞台に戦局が推移するのですが、土地勘が無ければ、本作品の展開にイメージが付いて行けません。文章で地形を詳述しても、情報過多で読者の理解力を超えるでしょう。1枚の地図が有れば、それで十分。書籍ならば、その地図と布陣図を読者に提供できるのに...。
叶わぬ願いと知りながら、閲覧者に助言します。google earth と睨めっこしながら読む事を勧めます。

★★★ Excellent!!!

きちんと「本格」で「正統派」な歴史小説。
へんに奇をてらわず、「歴史・時代」ジャンルのど真ん中を行っています。

島津方、龍造寺方ともに魅力的に描かれ、
安易に「敵がゲス」「味方絶賛」となっていないあたりも好印象。
双方の戦略的駆け引きも面白く、読み応えがあります。
登場人物の生き様の部分まで踏み込んでいくかどうかが、今後楽しみな部分です。




……個人的には、こういう正統派な作品を拾い上げられるかどうかで、カクヨム自体の価値も決まってくるかなぁ、と思っております。
これが埋もれるようだと、残念ですねぇ……。

★★ Very Good!!

自分自身が好きな戦いっていう色眼鏡もあるかもしれませんが、かなり調べてるなといった感じですし、人物像もしっかりしています。
ただ、欲を言えば、文章に時々外来語が入っているのが少し残念です。当時既にイギリスと接触があったのでちょっとは外来語が流れてきてもおかしくはないとは思うものの、感覚的に「あれ?」となってしまい1回そこで文章が止まってしまうので、なるべく当時既に入ってきていると確定している外来語以外は避けた方がより世界観に入っていけると思います。