肥前の熊に薩摩の狐

作者 宮内露風

島津軍3千と龍造寺軍4万が、沖田畷で激突する!

  • ★★★ Excellent!!!

川上忠堅は島津家家老の嫡子。
島津と龍造寺、九州の覇権をかけた戦いが始まる。

九州出身ですが戦国時代には疎いので、
龍造寺と鍋島は化け猫騒動の家だよな、程度の知識。
島津家久は、漫画『ドリフターズ』の豊久の父親、としか知りません。

でも、めちゃくちゃ面白い。
最終的な合戦に至るまでにも、いくつかの勝敗があって、
各地の将が情勢を読んで味方になったり敵になったり。
双方が知略を尽くして、離間工作をしたり、
罠を仕掛けたり見破ったりするんですよね。
戦国武将って、頭がよくないとできないわ……。

とにかく面白いので、おススメです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

卯月さんの他のおすすめレビュー 267