No Reaction

作者 柞刈湯葉

★★★ Excellent!!!

透明人間の透明度の不透明性について

光を反射しないということは、どんなエネルギーにも反作用しないということ。第二話あたりからの唯一無二さにしびれる。

密度の差でそっとその場所へ押し出されていた主人公。先行き不透明な物質社会への透明なエールは、五次元の彼方にこだまして消え……そうになりながら、不可知の暗幕をかぶせられ、「ナイショだよ」つって読者は秘密を託される。

小説がなぜ語られるに至ったか。これを堂々と打ち立ててくれる、幸福なエンディング。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!