細部に至るまで作り込まれた世界観が圧倒的。

この作品を読んでとにかく圧倒されるのが、細部まで練り込まれた世界観です。
モンスターの設定なども非常に細かいところまで作り込まれています。

この、モンスターの設定というのが非常に独特で、この世界ではモンスターを単なる脅威ではなく、食材だと見なしているのがよく分かる内容となっています。
魔物図鑑として、テキストでモンスターなどの説明が入るのですが、それを読んでいるだけでもいろいろ想像できて楽しめます。

倒したモンスターを食材にし、解体し、調理して食べる。
その描写が見事で、次は何をどう調理するのかとワクワクしながら読み進めてしまいます。

テンポよく話が進んでいきハラハラ・ドキドキ出来ますし、出てくるキャラクターもみな個性的で魅力的。激しいバトルシーンでも何をやっているのか分かりやすいです。

王道でありながら斬新でもある作品であると思います。

その他のおすすめレビュー

音々🎵さんの他のおすすめレビュー382