『正気度を死守せよ!』

作者 橘紫綺

このクソがああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!

  • ★★★ Excellent!!!

――と、叫びたくなるほどの理不尽が
社会人になるといくつもいくつも
いくつもいくつも出てくるわけです。
例えば上司と部下などは、同じ部署にいて同じ時を過ごすというのに
これがどうして分かり合えません。
まして、上司なる人は、上司となる前に誰ぞの部下でもあった人だというのに。

さて、本作をよりお楽しみいただく方法は、
筆者の橘先生のエッセイ「思いつくまま気の向くまま、」をご一読いただくことであります。
これがこうしてああなった作品であることが手に取るように解ります。
本作の主人公「私」に己を重ねて誰ぞを思い浮かべる方も
本作の「サブチーフ」に己を重ねて誰ぞを思い浮かべる方も
円滑で思いやりのある職場環境を目指し、持ち場へお戻りくださいませ。

そもそも、
「立っているだけでいい」仕事があるわけねえだろこのボケがあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!(あらあらかしこ)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

Eみほさんの他のおすすめレビュー 17