14へ行こう、二度とは来ないあの特別な季節を生きよう

作者 和田島イサキ

えっ!?こんなピュアな物も書けるのか

  • ★★★ Excellent!!!

お尻は出口です。
当たり前ですよね。
しかし、こと和田島イサキさんを前にしてその常識は通じないものとばかり勘違いしておりました。
お尻は天国の入口でもあるのだ、と言わんばかりの作風であると勘違いしていたのは私の誤りであって、和田島イサキ自身は何も悪くはないのだけれども、こんなヒュアッピュアな話を見せられて、どうしちまったんだよイサキさん、とハイローのコブラ並の魂の咆哮を叫んでしまいたくなるほど良かったです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

あきかんさんの他のおすすめレビュー 344