怒涛の設定量

冒頭から大量の設定が開示されます。
すごく練り込まれた世界設定かと思いますので、設定好きな読者様には非常に刺さるのではないでしょうか。
頭空っぽにして読む系統の作品ではないので、きちんと向き合えるタイミングで読み始めるとノレるのでは、と、感じました。

その他のおすすめレビュー

六木女ツ由さんの他のおすすめレビュー50