ムラサキカガミに映るもの

作者 陽澄すずめ

148

50人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 こちらは長編作品「共感応トワイライト 〜なごや幻影奇想ファイル〜」の追加エピソード。然し回れ右をする必要はない、このままぜひどっぷりと彼らの世界に浸っていただき、次に本編を読みたくなるはずだ。

 名古屋のとある場所にある『樹神探偵事務所』。ここは非現実的な現象を解決してくれる、知る人ぞ知る探偵事務所。
 今回の依頼人は百貨店に勤務する美しい一人の女性。聞けば、ある時期から「ムラサキカガミを忘れるな」という言葉と共に、鏡に恐ろしいものが映るという。

 少し気障だが面倒見のいい先生、特殊な能力を持つ心優しい高校生、不思議な雰囲気の和装美人。
 魅力溢れるキャラクターと、ヨダレの出そうな名古屋飯、そしてまるで合わせ鏡のようにあらゆる角度から眺め、暴かれていく怪異の正体。

 こちらが物語へ「引き込まれない」よう注意しないといけないほど、読む手が止まらない構成の巧さはあっぱれの一言!

 ムラサキカガミを忘れるな。
 ムラサキカガミを忘れるな。

 繰り返されるこの言葉。読んでいくうちに、もしかすると誰もが感じたことのある悲しさや焦燥を思い出すかもしれない。けれど、目を見開いてそこに映ったものを見てほしい。

 都市伝説を取り扱いながらも、じんわりと心が解されるオススメの一作です。

★★★ Excellent!!!

誰もが知る都市伝説『ムラサキカガミ』

その伝説をモチーフとし、怪奇なお話が展開される短編となっています。
一人の女性がある呪いを受け、解決へ導く探偵事務所の物語なのですが、脅威のラストに驚き、そして涙。

ネタバレになってしまうので詳しくは言えませんが、誰もが経験する苦い思い出からそれぞれの成長へ繋がるお話となっています。読者の私もそうだよね、そうだよね、と共感する部分も多く、とても励まされた短編でした。
短い本編なので、ぜひ読んでその事実に触れてみてください。

そして気に入られた方は、長編の「共感応トワイライト 〜なごや幻影奇想ファイル〜」をぜひ読んでみてください。
この短編に出てくるメイン3人の登場人物がより深く描かれており、もう最高におすすめの作品です。
そちらも短編構成で話が進むので、とても読みやすいですし、とにかく泣く……。本気で読んで、読んでほしいです……!!

★★★ Excellent!!!

『ムラサキカガミ』という言葉を二十歳まで忘れずにいると、死ぬ。
ムラサキカガミの都市伝説をテーマにしてます。いい題材です。

鏡の使い方もうまいです。アイテムとしても、ストーリーのからめかたとしてもいいです。

このシリーズ、パターンがあって好きです。また読めたことに感謝。

名古屋めしの飯テロも健在です。

キャラもたってます。

共感応エンパスによって触れた彼女の感情の迫力。

安定のクオリティでした!

★★★ Excellent!!!

名古屋駅から名鉄あるいはJRで二駅。もしくは地下鉄東山線に乗り、栄で名城線左回りに乗り換えてから四駅。
金山総合駅の程近く、とある雑居ビルの二階にある事務所。
ここに集うは異能を持ち合わせた探偵とその助手。
そんな彼らの元に訪れたのは鏡の怪異に悩まされし美しき女性。
都市伝説として語られる「ムラサキカガミ」
その謎を解かんと真実が隠された場所、「狭間の世界」へと彼らは足を踏み入れていくことになります。

そこにあった真相とは?
彼らはそこで何を見つけ、何を知るのか?

作中に登場する名古屋グルメやあるあるネタ。
そちらも堪能しつつ読み終えて頂きたい作品。
そしてこちらに引き込まれたあなた!
こちらはスピンオフ作品です。
是非本編の『共感応トワイライト 〜なごや幻影奇想ファイル〜』もお楽しみいただきたく思います!

★★★ Excellent!!!

美女の依頼をすっきり解決、探偵と助手のコンビが不思議な世界へ潜ります!

「ムラサキカガミ」に関する都市伝説とは?
鏡に悩まされる、ある女性の深刻な悩みとは?

名古屋のご当地ネタ・飯ネタ満載で楽しんだ後は、鏡が映す「狭間の世界」へご案内~。

美味しく楽しく、ちょっぴり怖い怪異体験。
ぜひともご賞味ください♬

★★★ Excellent!!!

 都市伝説にまつわる悩みから、主人公の美女が訪れたのは、一風変わった探偵事務所。そこには少々気障な探偵と、男子高校生、香りを操る美女がいた。友人に紹介されて来てみたものの、探偵の男の話は、呪いだの生霊だのと言った、眉唾物ばかりだ。主人公は高価な壺や石を買わされる前に、逃げ出すことも考えたが、悩みを解消してくれるならと、依頼をすることに。
 探偵が言うには、鏡は呪いの媒介物となるらしい。その鏡を通じて、生霊の正体を探る三人。しかし、合わせ鏡の中にいたのは、主人公が以前に殺したはずの人物だった。果たして、その正体は――?

 人は時に、何かを変えたいと望み、そして悩む。 
 立場や環境、容姿や性格。
 しかしそればかりに気を取られると、周りを見失ってしまいがちだ。
 ありのままを受け止めてくれる誰かがいれば、それは思いの外、
 小さなことだったかもしれない。
 そんな大切なことを教えてくれる一作でした。

 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

すずめさんのお話は非現実要素があるのに極めてリアリティが高いな、といつも舌を巻きます。
今回もそうでした。
ぞっとするような伝説、呪いの話、それが実際に起こっている。禍々しさに読者にも怖気が走り、そして解決のため、洒落男な探偵とイケメン高校生助手と美人助っ人に手を取られて世界へ連れて行かれます。

スピンオフですが単独でも読み応え十分。最後まで読めば、タイトルの深さもわかります。
自信を持っておすすめします!

★★★ Excellent!!!

『ムラサキカガミ』という言葉を、二十歳まで覚えていると不幸に見舞われる……そんな都市伝説(怪談)があるのをご存じでしょうか?
本作はそんな『ムラサキカガミ』にまつわるお話です。
怪異事件を扱う探偵事務所に舞い込んできた事件。
それは、鏡に紫色の顔をした化け物が映り「ムラサキカガミを忘れるな」という声がするという女性からのSOSでした。

『ムラサキカガミ』というとホラーや怪談かと思われる方もいると思いますが、本作は現代ファンタジーとして楽しめる作品です。

この作品が気に入られたら、この小説の概要にも記載されている『共感応トワイライト』もおすすめ!
異能探偵と助手がそちらでも大活躍します☆

★★★ Excellent!!!

誰しも日向を歩けば陰ができるように、一見非の打ちどころが無いように見える人の元には、数多の暗い思念が付いて回るもの。

本作でスポットが当たる女性(依頼人)も、そんな人物。

美しく職場でも優秀な彼女はある日、とある大役に抜擢される栄誉を得るが、それを境に彼女の周囲で不穏な現象が起こるようになって……?



程よい長さの文章の中に、キャラの魅力・興味を惹く謎・読み手へのメッセージが高水準に纏められた逸品かと思います。一応スピンオフ作品なので本編を読んでからの方が楽しめるとは思いますが、単品でも問題なくイケるように巧く構成されているので安心です。

気にいったら是非、本編『共感応トワイライト』も併せてお楽しみあれ。

★★★ Excellent!!!

怪異事件専門の探偵事務所。依頼を請け負うのは、異能を持つ探偵・樹神と助手の服部少年。
そして、事件の内容によって彼らを手伝ってくれるのは着物の美女・百花さん。

そんな探偵事務所に現れたのは、間もなく郷土祭で千姫役をするという美女・公佳さん。
鏡を見るたび、恐ろしいものが見えるという彼女にとりついた呪いの正体は……?


読んでいるといつもうるっと来てしまう大好きなシリーズです!(*´▽`*)

樹神先生と服部少年の遠慮のないやりとりにもくすっとさせられます。
あとなんと言っても名古屋めしが! いつでもとってもおいしそう……っ!(じゅるり)


誰もが傷や痛みを抱えていて。
でも、それを受け止めて前へ進んでいこうとする物語には、いつも胸が熱くなります。

本編未読でもお楽しみいただける中編ですので、気になる方はぜひぜひお読みくださいませ~!(*´▽`*)