北斎とお栄-その晩年

作者 海石榴

高水準の小説。読み応えあるのにリズムよく、スイスイ読まされる

  • ★★★ Excellent!!!

語彙力、表現力はじめ基本的な文章力がとても高い作家さんと思いました。知識も考証もとてもしっかりしているのに、投稿小説にありがちな「ここ必要なところだから書いとかなきゃ・・・って感じで頑張って書いてるわ・・・」などとは感じさせません。キャラも生き生きとしていてとても自然に読め、小説としても面白いです。北斎の死後、娘のお栄がどうなったかははっきりしていないようですが、この作者さんの想像力でどのような最後にしてくれるか楽しみです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

瀬緒 遊さんの他のおすすめレビュー 12