MoMoTaRo2041

作者 鳥辺野九

シンギュラリティの夜明け前に読み聞かせる子守唄

  • ★★★ Excellent!!!

夜は長い。
西暦2041年、シンギュラリティが近づき将来への不安に眠れぬ我が子へ母の読み聞かせ。

犯罪防止への注釈、LGBTに配慮、暴力行為に対する条例規制……おとぎ話は時代とともにその内容を変化していくものであるが、とうとう令和さえ過ぎ去ったであろう未来の桃太郎は数々の表現規制によってそのあり方そのものを問われているような気がしないこともないようなそうでもないような。

桃太郎がナチュラルに鬼畜な犯罪行為に手を染めているのは内緒。
非常食だから。仕方ないね。

あなたは物語の終わりに日本の新時代を見ることになるだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

いずもさんの他のおすすめレビュー 574