いつかの幼女の怨返し

作者 大洲やっとこ

共依存が生み出す、人間の闇

  • ★★★ Excellent!!!

いや、恐ろしい。
何が恐ろしいって、この姉妹が恐ろしい。

この三人の関係は、共依存とでもいうのでしょうか。
自己の存在を確立するのに、相手の存在が必要なんて、この世で最も恐ろしい人間関係だと、私は思うのです。

本能的な悍ましさを感じます。

それだけでなく、そんな共依存関係にある男女が、やはり自己存在の確立のために、過去を精算するための復讐を開始するというストーリー。
私も同じ立場だったら?そう想像すると、やはり主人公と同じように復讐に手を染めるかもしれない……そう思うと、恐ろしくてたまりません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

肉級さんの他のおすすめレビュー 268