剣聖と剣聖の娘と悪いお嬢様と

作者 一江左かさね

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全36話

更新

  1. プロローグ アイリスは悪い令嬢
  2. 第1話 平たな石が敷き詰められた道
  3. 第2話 ゆるゆると坂を上がった林のなか
  4. 第3話 ここまで苦労をかけた娘
  5. 第4話 公爵家のお嬢様
  6. 第5話 銀色の髪が遅れてついてくる
  7. 第6話 割に合わない仕事
  8. 第7話 紫色をした瞳と輝くような銀髪
  9. 第8話 広々とした芝生の景色の中で
  10. 第9話 荒っぽい連中と手を組んで
  11. 第10話 風雨にさらされ痛んだ建物ばかり
  12. 第11話 話し合いですませたいと思っている
  13. 第12話 世界を漂う大きな運命の流れ
  14. 第13話 カフェの軒先に張り出す赤い日除けの下
  15. 第14話 また明日に、ご機嫌よう
  16. 第15話 今は怒るべき時なのだと
  17. 第16話 学びの門を叩く者は数多い
  18. 第17話 木剣を肩に担いで引き上げていく
  19. 第18話 悪い令嬢の最後に立ち会って
  20. 第19話 東の国の剣聖
  21. 第20話 月の光のように優しく儚げな光
  22. 第21話 敵意、恐怖、怒り、悲しみ
  23. 第22話 白と黄の花がちらほら咲く芝生の上
  24. 第23話 大きな運命の流れに組み込まれて
  25. 第24話 辿り着いたのは運河のほとりの乗船場
  26. 第25話 これから起きるであろう出来事の断片
  27. 第26話 今すぐではなくても必ず来てくれる
  28. 第27話 国が炎をあげ燃えさかり
  29. 第28話 間違いなく剣聖
  30. 第29話 氷の戦乙女という異名
  31. 第30話 運命の軛からは逃れないのか
  32. 第31話 諦めさせてなんてあげない
  33. 第32話 二度とは戻らぬ懐かしい日々
  34. 第33話 運命の流れであれば、勝てるはず
  35. 第34話 傷ついた二人の剣聖が並び立ち
  36. エピローグ アイリスは悪い御嬢様