鬼妃秘記(キヒヒキ)

作者 鉈手ココ

その村には、鬼が棲んでいる。因習と呪いの正統派ジャパニーズサイコホラー

  • ★★★ Excellent!!!

山奥の小さな村、奇妙な因習、次々と怪死を遂げる村人たち……
そう、これは、みんな大好きジャパニーズホラー!

村社会特有の閉鎖的な空気感や、どんどん拗れてじわじわと精神を圧迫してくるような人間関係が、とてもリアルです。
正太不明の『鬼』によって、クズほど派手に死んでいくのが痛快ですらあります。

幼馴染の死から始まった『祟り』の恐怖と、その呪いが何によって引き起こされているのかを探っていく謎解き要素もあり、読み手を飽きさせません。
個人的には、男性の登場人物がどの人も悉くいいところに抉り込んでくるキャラ性で、みんなそれぞれグッときました。私の最推しは高西さんです。

『鬼』の正体は何なのか。
そして、タイトルにもある『鬼妃』とは。
全ての真相が明かされる時、呪いは解けるのでしょうか?
非常にスリリングで完成度の高い、怖いもの見たさたっぷり読み応えたっぷりの物語でした。
非常に面白かったです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

陽澄すずめさんの他のおすすめレビュー 1,225