武蔵野の百年をつなぐ

作者 種田和孝

現代版『武蔵野』として繋ぐに相応しい随筆☆

  • ★★★ Excellent!!!

概要の「続武蔵野」というフレーズ通り、国木田独歩の『武蔵野』に新しい命を吹き込むような内容が盛り込まれています。あの頃の武蔵野と現代の武蔵野を上手く融合させて、もう一つの『武蔵野』が読み手の興味を惹きつけます。
文字数の関係で、作者の武蔵野に対する想いが全て出し切れてないところがまた良いところでもあります。つまり、続きも読みたくなるという面白さ☆

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

愛宕平九郎さんの他のおすすめレビュー 1,664