更紗の夢は永遠に醒めない

作者 青月クロエ

怪縁奇縁、流れ着いた醒めない夢は幸せか——

  • ★★★ Excellent!!!

夏の京都祇園、金魚売りの声が響く街に主人公の青年が出かけるところから物語は始まります。

病弱な体質故に夢を諦め、祇園でも人気の遊郭を営む実家に戻り飼っている金魚を眺め見る日々。そこに、ふと目についた紅白まだら模様の金魚が仲間入りし……。

彼が大切に部屋で飼い始めたその金魚、秋の夜に出逢った不思議な街娼。

点と点が繋がり、ラストに向けて一気に真実が見えてくる展開。
華やかな花街の光と陰、風情ある夏の明治後期の祇園。
まるで金魚のひらひらとした美しい尾びれが舞う様子まで、浮かんでくるような美しい描写がお見事でした。

仄暗い、ゾッとするような中に見え隠れする縋るような愛の物語。
惹きこまれて一気に読んでしまいました。

永遠に醒めない夢とは果たして……?
その幕引きは是非アナタの、その両の眼でしかと見届けてくださいませ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

スキマ参魚さんの他のおすすめレビュー 130