更紗の夢は永遠に醒めない

作者 青月クロエ

水面を挟んであちらとこちら、妖しくも鬱くしい、越えては戻れぬ境界線

  • ★★★ Excellent!!!

金魚に魅入られた、病弱な青年の物語です。
明治の花街の華やかで猥雑な様子が目に浮かぶようでした。
涼次郎の境遇や、金魚への執着、そして謎めいた辻君との逢瀬。
どこか背徳的な展開と匂い立つような文章に、すっかり引き込まれました。

決して幸せな結末とは言い難いラストですが、美しい見事な幕引きでした。素晴らしかったです。
異種間恋愛やメリバがお好みの方にぜひお勧めしたい作品です!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

陽澄すずめさんの他のおすすめレビュー 757