私的解釈ことわざ辞典

作者 きょんきょん

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全50話

更新

  1. 第1話 春眠暁を覚えず
  2. 第2話 一人娘と春の日はくれそうでくれぬ
  3. 第3話 梅雨の夕晴れ
  4. 第4話 飛んで火に入る夏の虫
  5. 第5話 夏の鰯で足が早い
  6. 第6話 夏の鱸は絵に描いてでも食べろ
  7. 第7話 夏座敷と鰈は縁側がよい
  8. 第8話 鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす
  9. 第9話 一枚落ちて天下の秋を知る
  10. 第10話 天高く馬肥ゆる秋
  11. 第11話 十月の木の葉髪
  12. 第12話 枯れ木も山の賑い
  13. 第13話 三寒四温
  14. 第14話 師走筍 寒茄子
  15. 第15話 朝のぴっかり、姑の笑い
  16. 第16話 朝雨に傘いらず
  17. 第17話 東雷雨降らず
  18. 第18話 篠を突く
  19. 第19話 遣らずの雨
  20. 第20話 雨晴れて笠忘れる
  21. 第21話雨降って地固まる
  22. 第22話 人間万事金の世の中
  23. 第23話 地獄の沙汰も金次第
  24. 第24話 阿弥陀の光も金次第
  25. 第25話 五里霧中
  26. 第26話 安物買いの銭失い
  27. 第27話 遠くて近きは男女の仲
  28. 第28話 蓼食う虫も好き好き
  29. 第29話 焼餅は膨れながら熱くなる
  30. 第30話 据え膳食わぬは男の恥
  31. 第31話 一生添うとは男の習い
  32. 第32話 濡れぬ先こそ露をも厭え
  33. 第33話 及ばぬ鯉の滝登り
  34. 第34話 両手に花
  35. 第35話 美しい花には棘がある
  36. 第36話 合縁奇縁
  37. 第37話 女房妬くほど亭主もてせず
  38. 第38話 糟糠の妻は堂より下さず
  39. 第39話 覆水盆に返らず
  40. 第40話 男鰥に蛆が沸き女寡に花が咲く
  41. 第41話 三人子持ちは笑うて暮らす
  42. 第42話 這えば立て 立てば歩めの親心
  43. 第43話 親の甘茶が毒となる
  44. 第44話 親の意見と茄子の花は千に一つも仇はな
  45. 第45話 親の十七子は知らぬ
  46. 第46話 貧乏人の子沢山
  47. 第47話 台風一過
  48. 第48話 日暈雨傘月暈日傘
  49. 第49話 馬鹿と煙は高いところへ上る
  50. 第50話 人には添うてみよ 馬には乗ってみよ