お淑やか系転校生は俺の義妹で結婚をせがんでくるヤバい奴だったんだが

作者 まちかぜ レオン

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全46話

更新

  1. 第一章 転校生はヤンデレ
  2. 第1話 「先生、成竹くんが感極まって気絶しましたッ!!」
  3. 第2話 「はい、今日から私が祐志くんの義妹です!」
  4. 第3話 「こんなうまい炒飯は生まれて初めてかもしれない」
  5. 第4話 「幼馴染の私を差し置いて、転校生に首っ丈じゃないの!」 
  6. 第5話 「それじゃあ、白と黒のシャツ、どっちがいいと思いますか?」
  7. 第6話 「大輔さん、これ以上おちょくるとヘッドロック以上の制裁を加えますよ」
  8. 第7話 「せんぱいってドMだからご褒美じゃないんですか」
  9. 第8話 「……もしかして、気づいちゃいました?」
  10. 第9話 「祐志さんって……私のこと、どう思ってますか?」
  11. 第10話 『好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き♡』(円花視点)
  12. 第11話 「何かよからぬことを考えていませんでしたか?」
  13. 第12話 「週二回じゃ足りないんです! 毎日でも(ゲームを)ヤりたいくらいです」
  14. 第13話 「仲良しなのはいいと思いますが、変な人とつるんでいると変人が悪化しますよ」
  15. 第14話 「祐志さんには、三咲ちゃんの情報を賭けたポーカーをしてもらいます」
  16. 第15話 「こ、これはストレートフラッシュゥゥゥゥゥゥ!! 祐志選手、決まったァッッ!!」
  17. 第16話 「俺のこと、騎里子のこと、三咲ちゃんのこと……いったいどこまで知ってるんだ?」(円花視点)
  18. 第17話 「何度でもいいます。私は祐志さんのことが好きなんです」
  19. 第18話 「歳をとっても少年の心を忘れないことが大事だと、よく思い知らされるよ」
  20. 第19話 「結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい」
  21. 第一章 登場人物紹介
  22. 第二章 ヤンデレは加速する
  23. 第20話 「きょうは暴風警報で休校だと忘れていたのか?」
  24. 第21話 「さーすが、しらなかったー、すごーい、センスあるー、そーなんだ」
  25. 第22話 「恋愛戦争は一時休戦です!」
  26. 第23話 『せ、せんぱいのセクハラ! そんなに私の下着姿をまじまじと見たかったんですか』
  27. 第24話 「間違えたよ、無慈悲の騎里子だ」
  28. 第25話 「ゆーくんさんの拘束用です」
  29. 第26話 「お仕置きタイム、スタート!」
  30. 第27話 「祐志さん! 私が舐めましょうか?」
  31. 第28話 「じゃあイケナイJK家庭教師とふたりきりの勉強会、とかどうですか?」
  32. 第29話 「実は、祐志さんのお皿に私の唾液が入っていたんですよ」
  33. 第30話 「ハグですがなにか?」
  34. 第31話 「滑り台で滑りたいのは私ですよ?」
  35. 第32話 「じゃあ、私がせんぱいのファーストキスを奪ってあげましょうか?」
  36. 第33話 「今後の振る舞いにはお気をつけくださいね?」
  37. 第34話 「ひゃっほ〜〜〜〜!! 最高〜〜〜〜!!」
  38. 第35話 「同級生のおねショタなど意味不明だ」
  39. 第36話 「なにをうそぶいているんですか、成竹変態宣言ですか」
  40. 第37話 『あんたの家の前よ。いまから入るわね』
  41. 第38話 「……私たちの関係、騎里子さんに告白するおつもりですか?」
  42. 第39話 「なら、私があんたと付き合ってあげてもいいのよ?」
  43. 第三章 新たな転校生
  44. 第40話 「というわけで、きょうは心霊スポットにいこうと思います!」
  45. 第41話 「きこえるんです、霊の声が」
  46. 第42話 「これは、人間です!」
  47. 第43話 「はい。葉潤糸唯といいます。葉っぱに潤う、糸に唯一の唯です」
  48. 第44話 「そんなものは都合よく忘れようとしていました。てへぺろ」
  49. 第45話 「なるほど、犯罪の匂いがプンプンするぜ」