人のことを拳でぶん殴ったのは、後にも先にも奴にだけだった。

友達との待ち合わせより早く来てしまった明子さんは、初夏の紫外線から逃げるため、カフェに入ります。
けれどそのカフェは、彼女いわく「BGMの趣味が悪い」。

それもそのはず、その曲は、別れたヒモ……いややる気のない……じゃなくて優しすぎた恋人がギター片手で歌っていたものだったからです。


外は紫外線、中はBGM。……あれこれまさか?
逃げる場所がないぞ、明子さん! どうする!?
→たたかう
 どうぐ
 ともだち

さあて再び戦闘BGMは流れるのか! それとも……?

その他のおすすめレビュー

肥前ロンズさんの他のおすすめレビュー2,956