ただ将棋をして話すだけ

作者 takemot

ゆっくりと進むふたりの時間

  • ★★ Very Good!!

大学生の「師匠」と高校生の「僕」が向かい合い将棋を指すだけ。
そう書いてしまえば何でもない、物語にすらならないと思える。
穏やかなふたりの時間は、そこに流れ、留まらず、流れる。
互いに対する思いを、慈しみ、愛おしみ、育てる。
他愛ないお喋りと思考の交換が、どこに辿りつくのか、通り過ぎるのか。
和みや癒やしだけではない、優しくも芯をもった物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

沖綱真優さんの他のおすすめレビュー 101