セイコの瞳に地平を駈ける獅子を見た

作者 にゃんしー

私がここ(カクヨム)にいる数少ない理由のひとつ

  • ★★★ Excellent!!!

それは、こうやって、にゃんしーさんの小説を読めるから。別にカクヨムを退会しても、読もうと思えば読めるわけなのですけど、やっぱりね、フォローとかできないですし(とは言いつつも、まだ読めてない作品があるのですけど)。もうそろそろWeb小説はいいかなーと思い始めてしばらく経つわけですけど、それでもこういう小説がアップされるわけなんですよ、困ったことに。ほんと、困っちゃいます。

私は、この小説を、かばんからよっこらしょと取り出して、しおりが挟まっているページを開き、ええとどこからだっけと読みかけの場所を探して……と、そんなふうにして読み進めていないということが、とても不思議でなりませんでした。

毎日更新されていくこの小説を、ほぼ毎日欠かさず読みました。次の更新が本当に楽しみでなりませんでした。これが小説を読むってことだよね、と読みながら何度も思いました。これが小説を楽しむってことだよね、と読みながら何度も思いました。

内容については私があーだこーだと細かく触れるまでもないです。できれば触れたくない。とにかく第一話を読んでもらえれば。っていうか読んでください。ほんと、マジで。

ああ。せっかく紙の本に戻りかけていたというのに。でも、いいや。読んでる時間はすごく充実していたし、楽しかったから。毎朝、これを読んでいるあいだ、私の心もサチコとともに、新宿または高円寺にあったから。あっという間に、私の心は、ここじゃないどこかへ跳ぶことができた。

音楽が魔法かどうか、私にはわからないけど、小説は魔法になりえるということが、私にはわかった。読めばわかる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

Han Luさんの他のおすすめレビュー 279