セイコの瞳に地平を駈ける獅子を見た

作者 にゃんしー

語りの巧妙さ

  • ★★★ Excellent!!!

物語の語りが、特別な音階を持っています。
だからこそ、地の文が多くてもすんなりと入っていけるのではないでしょうか。
意思があっても流されていく、「ままならない」もの。
そんな生き方の中に光明を掴む、普通の日常に意味を自分でつけていくという価値を感じました。
その場にいて、情景を眺め続けているような感覚になります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー