蒼薔薇の狙撃手

作者 エルトリア

190

66人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一件すると現代の狙撃手物語を彷彿させるタイトルだが、正体は異世界のファンタジーロボット作品。

どうやら、この世界は遥か未来の地球が舞台のようで、科学文明が滅びたあとに魔導文明が栄えたようだ。

だが、科学は完全に無くなったわけではなく、どうも地下などから旧文明の兵器が発掘できるようだ。

この世界では機兵と呼ばれる巨大ロボットが存在し、魔法と同じくこの世界の住人が生きていく上で必要不可欠なツールと解釈できる。

そして、作中ではこの巨大兵器がゴル◯さながらの狙撃戦を繰り広げる。
等身大の人間の闘いかと思いきや、ロボットによるガチバトルを唐突に叩きつけられ、ハンマーで横っ面を殴られたような気分だ。


つまり、何がいいたいのかというと、ティナちゃんマジ天使!

以上になります。

★★★ Excellent!!!

作品に応援いただいたご縁で、この物語に出会いました。更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

狙撃手である主人公の彼女が依頼を受けて、魔獣討伐の為に機械兵に乗ってとある場所を訪れるところから物語は始まります。
依頼を受けてきた筈なのに、そこにはもう一人、依頼を受けたとして現れた男が。一筋縄では行かなそうな彼とのやり取りの末に、彼女は目標の魔獣討伐に乗り出しますが、やはりそこには彼の姿があり……と、先の展開が期待される展開です。

この作品は雰囲気が大切にされており、主人公の彼女の立ち振る舞いや周囲とのやり取り。丁寧な描写からそれを読み取ることができます。こういった作品が、ハードボイルドと呼ばれるのでしょうか。

まだまだ始まったばかりのこの物語。続きが非常に楽しみです。
他の皆さまも、是非読んでみてください。