アイツは窓からやってくる。〜かつて最強だった勇者と魔女が、無敵の夫婦に至るまで〜

作者 さちはら一紗

773

267人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

SNSのタイムラインをながめていると、ふと「屁理屈恋愛合戦の異世界転移モノ(アフター)」だとか、「登場人物達の発想が異世界(あさって)の方向すぎる」という面白いレビューコメントがチラホラ見えた。

異世界転移モノ(アフター)で男女青春ラブコメの小説かな…?
それにしても感想が奇っ怪すぎるな…?
というのが、この作品を読んだきっかけだった。

結論から言うと、そのファースト・インプレッションは正しかった。
第一章は体感九割コメディで一割シリアス。魔王側と勇者側で敵同士として戦ったふたりが、なんやかんやで現世に帰ってきたあとのお話だ。

このふたりはかつて敵同士だったのであたりまえのように仲が悪い。しかしそんなふたりの掛け合いの中にも「なにか」を感じさせるのだ。
それが気になってどんどん読み進めていた。

なにより、ふたりの掛け合いがとてつもなくハイセンスなコメディなのだ。「漫才コンビのニコイチ感」とでも称したらいいのだろうか。
会話しているだけで罵声が飛び交い喧嘩になる仲の悪さ、なのに険悪ではない空気の心地よさ。
頁(リンク)をめくるたびにこのふたりが、私はどんどん好きになっていった。

その空間が蟻地獄の中だということにも気づかずに。

終盤この物語はその本領を発揮し、私は残念ながら食い散らされるのだが、それは読んでみてからのお楽しみということでここには書かない。
そしてふたりの間にある「なにか」を、どうかぜひ肌で感じてほしい。

一度ハマったら抜け出せなくなっていた、一読者(アリさん)の感想でした。

★★★ Excellent!!!

 異世界から帰還し、主人公の飛鳥とメインヒロインの咲夜が異世界の影響で常識が壊れたところから正常な人間を目指して頑張っていきます。ただ直ぐに治ることはなく、ツッコミどころ満載の会話が勃発します(笑) しかもそこにヤバい奴がまたまた登場して、ヤバさと面白さにもっと拍車がかかります(n‘∀‘)η
 また純愛物となっているので主人公に好意を持っている2人目のヒロインは出てこないと思います(少なくとも、このレビューを書いている時点では出てきません)。焦れったくて甘々な(普段使われているものとは違う意味での)出来レースをお楽しみ下さい。
 さて、章の終わりにつれ、そんなラブコメパートからバトル・シリアスパートに変わっていきます。ここでは異世界での2年が大きく関わってきます。そして、そこからの因縁や歪まされた価値観同士の衝突により明かされる真実。それを知った上でどう乗り越えていくのかは実際に読んでみて下さい。そこまで重い内容にはなってないはず…

纏めると、基本的にはラブコメですがひょこっと顔を出すシリアスがある作品です。とても面白く、自分が読んだことのあるラブコメでは1番気に入ってる作品でもあります。是非読んでみて下さい
(*`・ω・´)b

最後まで読んでくれてありがとうございました
m(_ _)m
参考になれば幸いです。

※2章完結時に書いたレビューです。バトルシーンが入ってきますがラブコメです。作者さんが言っているので間違いないです。

★★★ Excellent!!!

まだ完全に追い付いてない状態でのレビューになります。
今、すぐに、この作品を喝采せずにはいられない。
この作品はもっと評価されるべきだ。


"こっち"で微笑ましい片想いの関係にあった二人が、"あっち"で勇者と魔女という相容れない敵対関係になり、それでも手を取り合って"こっち"に帰って来てからの後日譚。
但し、"あっち"にいた2年という時間は"こっち"でも等しく残酷に流れ、彼らのかつての居場所は既に無く。
勇者と魔女、それぞれの絶大な?力を保持したまま。
魔女と見れば聖剣が発動し、勇者と見れば魔眼が発動するそれぞれの呪いを保持したまま。
そして以前よりもっともっと強くなったそれぞれの恋心を保持したまま。

主人公たち二人と、新しく登場した魅力的なキャラたちとのハイテンションでコミカルな掛け合いがとても面白い。
でも本質は悲劇なんじゃないだろうか。
仲良くなりたい。触れ合いたい。結ばれたい。
でも2年間の凄絶な異世界生活で二人の心と体はやはりどこか壊れている。


まだ序盤しか読んでないけど、今後二人はどの様な試練や葛藤を迎え、対応し、歩んでいくんだろうか?
俺は今、"最後は絶対ハッピーエンドじゃなきゃ許さないマン"
だけど最後に一番大切なことを伝えたい。



リア充はやっぱ爆発した方がいい。

★★★ Excellent!!!

まだ読んでいる途中なのですが、2人が徐々にゆっくりと、でも確実に距離を縮めているのが分かるのがとても好きです。
また、本来手に入れられたであろう日常が突如異世界転生したことによって奪われてしまっても、2人はお互いを選んだ感じがしてそこも好きです。
まともではないかもしれないけど、人の数だけ普通はあるし、2人だけの名前がつけられない関係性という感じがしてとても好きです…。
2人に幸せになって欲しいです。
続き読むのがとても楽しみです!応援しています!

★★★ Excellent!!!

異世界に行ってしまった「文月咲耶」。
異世界に行ってしまった「日南飛鳥」。
異世界で歪んだ認識、常識、青春、失われた時代、そして二人の想い。

それを歪んだ行動で道化にさせて。
忘れた常識でそれを覚らせはしない。
二人はかの世界で「勇者」と「魔女」として称されたそうだ、二人はその力を持っていたばかりに力によって振り回されることになった。

でも二人は戻ってきた。
戦うと決闘罪だとかいう刑法に反する社会に。
これまでいなかったから留年という結果を押し付ける社会に。
窓から入ってくるのが咎められる社会に。

だからきっと二人の愛は実るはずである、二人の時は色鮮やかに戻っていくはずである。

★★★ Excellent!!!

序盤、なぜヒロインの文月咲耶は「魔女」であろうとするのか、なぜ主人公の飛鳥の感性がズレているのか・人間性が薄いのか、不思議に思う。異世界帰りの二人が繰り広げるコメディなのかとも思った。
しかし、読み進めていくうちにそれは違い、れっきとしたラブコメなのだと認識させられた。
異世界で「人間」ではなくなったから。日南飛鳥と文月咲耶は異世界で力と引き換えに「人間性」を失ったのだ。
紆余曲折して残った人間性だけを頼りに地球に帰り、そして人間性の残滓だけで生活をしていた。
ターニングポイントが告げる。「お前たちは純正の人間ではない」のだと。
だから魔女は抗い、勇者は魔女の呪いを解こうとする。
ハッピーエンドに至れなかった二人が、お互いの関係性を何度も定義・再定義し、関係を進めていく。ここまで読んでようやく作者のしてやったりという顔が浮かぶ。
ミステリでは「特殊設定ミステリ」というジャンルがある。

この小説は、「特殊設定王道ラブコメ」である。

★★★ Excellent!!!

と言うのは、私の持論。

窓魔女はラブコメです。が、付けられたキーワードから漂うどこか不穏な空気。なのであまり包み隠さず伝えましょう。
ラブ>コメです。そうだな……バ〇テスのようなコメ要素は少ないです。ただ、全くないわけではありません。

異世界から何とかして帰ってきた、不器用な男女のお話。
現実に戻って来ても完全にその能力が消えてるわけでもなく、異能バトルでもないですが、現実世界に持ち込まれた非現実が好きな人にはオススメ。デ〇ラララとかね。
4章はシリアスになってますが安心してください。主人公は最強で、これはラブコメ。あと彼女の魔法がカッコイイ。好きです。笹木くんの気持ち、分かるよ。

エピローグがあるから終わり?エピローグはプロローグだよ。
彼女のようなキャラがどうしようもなく好きです。今後の展開に全力待機。



例えコメが少なくても。例えコメの代わりになるカリフラワーが混じっていても。例え甘口だと思ったら辛口だったとしても。例えルーの中にひとの指が入っていたとしても。
完食(読了)後はカレーライス(ラブコメ)なのです。

★★★ Excellent!!!

春、それは芽生えた草木、香る花々を胸に蓄えて新しく踏み出す季節。
夏、道に落ちている様々な輝きを拾い集める季節。
秋、輝きを失う世界の中で、自分が輝く季節。
冬、すっごい寒い。
そして、窓魔女。窓から入ってくる女の子、それを出迎える男の子、そんな2人を見守る季節。
大袈裟な表現ではなく、季節というものはそれぞれ一年間の4分の1を覆う決して短くないものなんです。つまり、私はこの作品を読んで、その大きさ分感情を動かされたということなんです。
異世界で剣をとり、魔法を操り乱舞する物語にいつも目を奪われて、じれったい男女の恋模様に胸を躍らせる人生。そんな人生の前に、この作品が現れました。
作品は言いました。
『お前の好きなアホ二人の愛をみせてやる。そして、勇者と魔女もな』と。
その言葉に偽りなく、完璧な愛を、完璧な"勇者と魔女"をあちらこちらから浴びせられました。
胸が熱くなったりきゅんっと引き締まったり、大忙しでした。けれど、私の胸はまだ頑張るようです。なんなら、もっとくれと滾っています。

自分でも驚くぐらい好きな作品を読んだ時、私はこう思うことにしています。
「これ俺のためだけに書かれたんじゃないか?」
ですから、この作品は俺のために書かれました。魔女も勇者もアホ共の走り続けることしか見えていない愛やら恋も、全て私が得たかったものです。
本当に、ありがとう。
この先も続いていくこの作品に、心からの賛辞と期待を、これからもずっと送り続けたい。心からそう思っています。

★★★ Excellent!!!

ポンコツ主人公たちが、戻ってきた現代で苦労しながらも、生きていこうとする姿、見守りたくなること間違いなし。


不器用ながらも、隙間を埋め、歩み寄り、
ときにすれちがいながらも、確かめあっていく2人。


でも、異世界でのしがらみは、彼らから言葉での相互理解を阻む。
かちては、片や魔女であり、片方は勇者だったのだ。
ゆえに、愛の証明とはバトルである。

だが、安心してほしい、
かつて最強だった勇者と魔女は、”共に”異世界から帰還したのだ。

ーだから、これは再確認のお話。
勇者はたしかにヒーローであって、魔女は、魔”女”なんだ。

安心して読んで欲しい、これは愛(ラブ)が溢れるお話で、おすすめです。



★★★ Excellent!!!

人間がへたくそな2人が不器用ながら人間をやっていくお話です
最初は『単純に人間がへたなのかな』と思っていましたが、話が一章終盤に差し掛かるとちゃんと人間がへたなのにも理由があるんだなあという気持ちにさせられます
たぶん錯覚です
実際は帰還兵とか後遺症とかさほど関係なくもともと人間がへたっぽくて安心します
印象的には世界が優しいランボー
雛鳥を見守る親のような気持ちで人間がへたな2人の現世生活を眺めることができます
おすすめです

★★★ Excellent!!!

元々クラスメイトだった二人が異世界から戻ってきた所から始まる。

神隠しから戻ってきて周りからは腫れ物扱い。
それ以上に異世界で拗らせた二人の不器用さが丁寧に描かれている。

転移前、転移中、転移後と二転三転した関係がどう収束して行くのか、七転八倒の手探りをこれからもこっそりと覗き見させて貰います。

やっとのことで出来た友人二人の絡みも楽しみ