鬼の幸せな一生

作者 木風麦

必見!これはただの感動作ではありません!

  • ★★★ Excellent!!!

短い物語の中で鬼と人が出会いそして鬼の心が変化していく様が見事に描かれています。

「鬼」という存在がこの物語の主軸となっています。
そしてその「鬼」は二人の人との交流により、やがて人へとなっていく。
この一連の流れの描写がとても高クオリティな文章力で描かれています。
人となった「鬼」が山から下りて人の世界に立った時にその目で見たものは「人の中に住み着く鬼」の姿。

果たして本当の鬼とは何なのか。
姿形が人でなければ「鬼」なのか。
それとも「鬼」とは人の心に住み着く見えざるものなのか。
とても深いテーマ性があり、そして考えさせられます。
短い文章の中でそのことを強く訴えかけてくる作品だと思います。

これはただの感動作ではありません!
人としての生き方を問いかけてくる感動作なのです!

人となった鬼が最後に掴んだ幸せ。
なぜ鬼がその幸せを掴めたのか、その答えは読んだ人の心の中に自然と芽生えてくるでしょう。

あなたの「心の中」に鬼はいませんか?
是非皆さんも自分の心と向き合いながら読んでみて下さい!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ひさよし はじめさんの他のおすすめレビュー 31