スイートポテトと黒い月

作者 黒須友香

133

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あまり口に出して言うことではないのですが、生まれつきタイミングとか巡り合わせの悪い男(例えば私みたいな)ってのはいるもので、努力では如何ともしがたい、あらがえない「何か」があるんじゃないかと、ふと思ったりします。昨今のラノベ主人公とかもそうですが、決してネガティヴな思考で運が逃げて行くとかではなく、明らかに環境というか、巻き込まれ系というか、もう運命としか言いようがないツキの無さに涙が出そうになりますね。週に一度か二度ペースで。いえ、決して結婚して後悔しているわけじゃないんですが(汗)。

そんな私の100倍くらい運の悪い男がこのお話の主人公です。死ぬわこんなの!って何回も思うけど死ねない。死なせてもらえない。そしてそして、その運の悪さの裏側にはやはり、逆に運が回ってくる女が存在するわけでして、こりゃもうどーしよーもねーなと。読んで笑いながらあれ? なぜか目から水が……

★★★ Excellent!!!

黒須氏の代表作「コード・オリヅル」スピンオフ作品ですが単品だけでも十分楽しめる作品。訳あって警察を辞めた主人公はある任務のためにイタリアへと足を踏みます。
本編同様これでもかと言わんばかりとギャグとアクションの嵐で主人公は不幸体質を吹っ飛ばす勢いです。

★★★ Excellent!!!

生まれ持った不幸体質のせいで警察を辞めることになる主人公。

ただ、ひょんなことからイタリアに行くことになり、そこでマフィアの抗争に巻き込まれ……。

不幸体質。もし自分がそうだったら主人公みたく生きていける自信はないですね。それよりも短編作品とは思えない内容の濃さ。考え方、捉え方、ものの見方は人それぞれ。それらはきっと、かけがえのない宝物なのかも知れません。

素敵なお話でした。

スイートポテト美味しそうです。

★★★ Excellent!!!

生まれ持った凄まじい不幸体質のせいで日本に居られず、マフィアの護衛をすることになった矢崎。同じ護衛としてその前に現れたのが日本人の女性。
その女性は、矢崎とは正反対に非常に前向き。矢崎を下の名前の「京ちゃん」とよんで、なおかつスイートポテトタルトを食べようと誘ってきて……。


アクションものを渇望する方におすすめの一作です。
短編ながらも、きれのある戦闘シーンが見もの。
硝煙の匂いとスイートポテトの匂いが入り混じるエンターテイメントです。


また、作者の長編「コード・オリヅル~超常現象スパイ組織で楽しいバイト生活!」とリンクしていて、あのキャラの昔はこうだったのか!やっぱな!!「飛行機に乗ったら計器トラブルでロシア領空に突っこみ、戦闘機に撃墜されかけ」るくらいするだろ!!と意外な(ある意味想定内な)設定が楽しめるのも魅力の一つ。

是非とも矢崎さんには無事に生きていて欲しいものです。
(※すみません!星を三つ入れたつもりなのですが、レビューコメントを書くにあたり見直したところ、バグがあったようで一つになっていました。訂正いたしました)

★★★ Excellent!!!

タイトルに惹きつけられ、読んでみたら期待以上でした!

台詞まわしもいいですね。魅力的なヒロインだなぁと感心しました。スピンオフということなので、本編も読んでみたくなります。主人公の設定や、イタリアを舞台にするなど、着眼点も面白いです。

センスがいいのはタイトルだけじゃないです。多くの人に読んで欲しいって思いました!

★★★ Excellent!!!

本作は、『コード・オリヅル~超常現象スパイ組織で楽しいバイト生活!』からのスピンオフ的作品となります。

本編を拝読しなくても楽しめる内容です。

こちらは、少々毛色が変わりまして、大人の雰囲気を醸し出しております。

悪運をチャンスに変えるなど、素敵な言葉も魔法のように散りばめられております。

マフィアが登場し、キレッキレのアクションシーンが展開されます。

そして、情緒たっぷりのラストへと結びつけて行くのです。

サブタイトルをご覧いただいてもお分かりになると思いますが、こちらも本編同様にカラーが瞼に浮かぶようになっております。

黄金色のは美味しそうですよね。

ある絵本の美味しい食べ物を思い出してしまいました。

是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

 本編であるオリヅルはティーンが活躍する物語。その脇を固めるのはカッコイイ大人!!!
 ファンタジー世界に重厚感を持たせるのに不可欠な大人がとにかくカッコイイのです!

 今回はそんな大人のスピンオフ!
 ずっと待ってた気がする……、こんな物語を書いて頂くのを!

 コメント欄でも評判の素敵なセリフが盛りだくさん。真似したくなる!

 代名詞とも呼べる圧巻のアクションシーンもゾクゾクします!

 プロ意識を感じる安定の筆力で黒須様の作品は間違いなく面白いッ!

★★★ Excellent!!!

作者さまの代表作である『コード・オリヅル』のスピンオフですが、これ単体でも十分楽しめるアクション短編です。
なので、ちゃんとした紹介文書こうと思ったんですが。

本作の主人公の矢崎さん。
私の最推しなんすよ。
これが冷静でいられるかってんだァァァァ!!
ハァァァァ!!

しかも男女バディのアクションですよ?!?!?!
最高では?!?!?!
私が男女バディ好きってしってるでしょ……(知らんがな)

映像が目に浮かぶ筆致で、短編ながらも緩急ある展開で疾走感も素晴らしい。
印象的に挟まれる月の描写や、スイートポテトなどの小物もおしゃれで効いてます。

今回の短編で、自分が矢崎さんを心から推しているのだということを改めて認識しました。
ただ溢れる愛を綴っただけの駄文になりました。いや綴りきれてないよ。つらい。

面白かったです!!最高でした!!ありがとうございました!!!!

★★★ Excellent!!!

悪運に愛されてしまった元警察官が持ちかけられた仕事はよりによってマフィアの護衛!
長編小説『コード・オリヅル』のスピンオフですが、この作品だけでもコメディタッチな大人のハードボイルドとして楽しめます。
文章の爽快な面白さと映像が目に浮かぶようなアクションの描写はさすがお手のもの。起承転結のしっかりした構成で短編としての安定感があります。
悪運をひっくり返せば好機に変わる。ポジティブなテーマと各エピソードの最後に見せる月がリンクしていくところも素敵です。
すっきりと気持ちの良い読後感をお求めの方はぜひ読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

貧乏神と呼ぶにふさわしい強烈な悪運を持つ主人公。不運に塗れながらもその使い方を見出し、美しい少年を助けようとする短編です。イタリアを舞台に繰り広げられるアクションもキャラ達もとても魅力的!

筆者の大人気作、「コード・オリヅル~超常現象スパイ組織で楽しいバイト生活」のスピンオフですが、知らなくても楽しく読めます。このアクション盛り沢山の世界観と読後の爽快感を味わえばきっと本篇も読みたくなる事間違いなし。

是非ご一読ください♪

★★★ Excellent!!!

矢崎京一。彼には生来の「悪運」が付きまとっています。
しかし、悪人の前で、それを「好機」に転化する術を持ちます。
彼は、作者様の代表作『コード・オリヅル~超常現象スパイ組織で楽しいバイト生活!』の登場人物の一人。
このたび、イタリアの月というスポット・ライトを当てられて才質を開花させます。
敵は異国の地で人身売買を目論むマフィア。
とらわれの美しき人形のようなお子様の生命を救おうと奮闘します。
二十七歳の「ミスター貧乏神」こと矢崎青年のハードボイルド・アクションを是非、お楽しみください!
ちなみに『オリヅル』本編未読の御方にも十分、楽しめる内容となっています!(^^)!

★★★ Excellent!!!

貧乏神と称され、徹底的についていない元警察官矢崎、もう一人の謎の女光和。このバディが、人身売買を企てるマフィアを叩き潰す。このバディのやりとりが軽妙で秀逸です。自分の不運を逆手にとって、正義を遂行するというストーリも面白いです。
黒須友香さんの作品スタイルって、すごくかっこいいですよね。
読者の皆様にお薦め作品です。

★★★ Excellent!!!

生まれつき不運がつきまとう主人公。

そんな主人公が変わるキッカケはある女性との出会いと、スイートポテトタルトだった!


ついていないと、色々な事を諦めてしまう。
そう思ってしまいがちですが、考え方次第で好機に、チャンスに変える事ができる!!


前向きでとても素敵な考え方です。


この物語を読むと諦めてしまいかけていた人生を考え方を変え、行動をおこした事によって丸ごとひっくり返す事ができると実感できます。

洋画を見ている様な、頭に浮かぶ様な、ど迫力のアクションシーン!!

おすすめです!!

★★★ Excellent!!!

そして僕は、生まれながらに「運」に見放された、全身に「不運」をまとった人間だった。

イタリアを舞台に繰り広げるアクションです。

僕が警護すべき男・ガッティーニが、背が低くて虫歯が三本あるだけでなく、とんだクソ人間だということだ。

悪運の主人公がいいです。

作者様の連載中小説の番外編です。

かっこいいアクション。
スリリングです。

人質。
銃撃戦。

洋画のような雰囲気。

タイトルのセンス。

これをきっかけに本編もぜひ。